2010年04月12日

桜吹雪の中の光が丘公園の日曜日。今日でお花見はおわり

4月11日の日曜は気温が高い割にうす曇りで時折風が吹く天気だった。気温は一時22度もあった。

CA3C0033.jpg


光が丘公園の日曜日は天気が悪くなければ近くに光が丘団地もあるので散策の人も多い。

CA3C0036.jpg


葉桜に成りかかっている桜の木の下にはまだブルーシートがちらほら見かけることができた。

CA3C0044.jpg


毎年思うことなのだが、お花見において満開だろうが葉桜だろうがあまり関係ない。

CA3C0041.jpg

携帯を構えていたら一陣の風が吹きあたり一面桜の花が降ってきてあまりの事に当たりから歓声が上がった。
まさにこれが桜吹雪と言って良いような光景だった。この写真ではその様子を伝えきれてはいない。


CA3C0046.jpg

黒い木を背景に白い影はフロントガラスについた汚れに見えるが桜吹雪。

CA3C0047.jpg

歩道には桜吹雪で散ったさくらの花びら



posted by ぐっちー at 04:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

清水山憩いの森の今はカタクリとスミレが花盛り

練馬区のカタクリ群生地、清水山憩いの森はいま花盛り、今年はなぜかカタクリとスミレが同時に咲いている。

地図等は「練馬区清水山憩いの森のカタクリ群生地(自生地)」を参照。

DSCF1017.jpg

これはカタクリ

DSCF1025.jpg

     ここはほとんどスミレ


寒い日が続いたのでカタクリの開花が遅れそこにすこし早くスミレが開花し出したので今年はカタクリとスミレの薄紫色の花の競演といえば聞こえがいいがスミレの方が場所によっては優勢だ。


DSCF1027.jpg

    これはスミレ

DSCF1030.jpg
 
    カタクリ

DSCF1062.jpg

    カタクリ

DSCF1098TRI.jpg
 
  カタクリの花ことばは 「初恋」 だそうだ。

DSCF1072.jpg

 カタクリの花弁(はなびら)の根元にはそれぞれ違う模様がある。

DSCF1076.jpg

   先ほどの花弁とは微妙に模様が違う。

DSCF1083.jpg

   うしろもカタクリでスミレは無い。

DSCF1091.jpg

   このあたりにもスミレは見当たらずカタクリが優勢だ。


DSCF1094.jpg

   カタクリの双葉
posted by ぐっちー at 03:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

屋台も出て桜が満開の光が丘公園お花見の状況

光が丘公園の桜が今年は4月4日にほぼ満開になった。その日曜に合わせ、音楽イベントと屋台が2か所芝生広場とイチョウ並木に出ていた。


今日の光が丘公園のお花見(4月1日)と桜の開花状況(2010年04月02日)
http://earthian.seesaa.net/article/145374222.html

下記の記事にお役立ちの地図があります。
今日の光が丘公園の桜の開花状況とお花見の様子(2010年03月27日)
http://earthian.seesaa.net/article/144846067.html


DSCF0479.jpg



太陽の門の所で音楽イベントをやっていた。


DSCF0476.jpg


マイナーでショボイイベントだった。


DSCF0480.jpg





DSCF0481.jpg




DSCF0482.jpg


芝生広場の屋台と言うかテントでこちらは素人ぽい店ばかり、イチョウ通りの方の屋台は的屋(てきや)さんがやっている屋台でお祭りの屋台だ。


DSCF0484.jpg


今日は曇り空で風はないが気温は11-12°くらいで少し寒く今にも雨がふりそうだった。



DSCF0487.jpg



DSCF0488.jpg


さすが、平日はとは違い日曜はかなりの人出だ。今日は今年一番の人出だ。さくらは来週の土日まではもたないだろう。


DSCF0491.jpg


ここから、売店のパークスが当たりまで屋台が続く。富士宮焼きそばがあったが目玉焼きがのっていない。


DSCF0492.jpg


この辺りが屋台の半分来たところ。餃子ややきそば、ケバブ


DSCF0495.jpg

屋台の一番南側、カレー、ソフトクリーム、クレープ等の屋台

DSCF0497.jpg

子供のジャンプ遊びの遊具


DSCF0500.jpg


こちらもテントの店で的屋さんの屋台とはちがう。しゃてきと綿あめ



posted by ぐっちー at 01:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 季節の色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

川越大師 喜多院の桜とお花見客、今が満開

お花見に土曜の午後遅く川越の喜多院に向かった。着いたのが4時半近くで境内の地図では右上にある明星駐車場に入った。

ここの駐車場は時間制で無く1回500円というシステムで5時くらいで終わりでそれ以降は入口とは反対側に出口を開けておくので勝手に出て行って欲しいとのことだった。

     クリックで拡大します。     

DSCF0434喜多院境内地図.jpg


明星駐車場から多宝塔の脇を歩き右に曲がって水屋の脇を通って慈恵堂(本殿)に向かった。


DSCF0369.jpg

駐車場の出入り口で小江戸川越の観光案内図があり川越大師喜多院の看板と胡麻修行の立て看板の間の道を入る。



DSCF0377.jpg


DSCF0374.jpg


北口からの参道。ここを抜けると右側に多宝塔とその奥に慈恵堂がある。


DSCF0381.jpg


左側はお花見の席と屋台が沢山でていた。

DSCF0388.jpg

右側の本殿側は酒席(花見席)はご遠慮下さいとのことでブルーシートは無かった。


DSCF0391.jpg

本殿は閉まっていたが、お賽銭箱はちゃんとあったのでお参りしてきた。


DSCF0394.jpg


多宝塔とさくら クリックして拡大後、大きな画面で鑑賞下さい。


DSCF0398.jpg


水屋とその奥に屋台が出てお花見の席に成っている。



DSCF0403.jpg


広場の右側の屋台。焼きそばが500円もして今一だった。


DSCF0405.jpg


B級グルメの「富士宮焼きそば」、ここの焼きそばにすれば良かった。
もう一つのB級グルメ宮崎名物「肉巻きおにぎり」もある。


DSCF0407.jpg


川越大師名物「厄除けだんご」ふかのと桜


DSCF0409.jpg


広場の中心方向を見る。


DSCF0413.jpg

小山の上に立つ慈眼堂から広場が見下ろせる。


DSCF0415.jpg


慈眼堂よりお花見広場を見下ろす。


DSCF0424.jpg


広場北側の屋台。


DSCF0428.jpg



五百羅漢(信仰の対象である500人の羅漢(阿羅漢(あらかん))


DSCF0431.jpg

突然西日が差してきた。その向うに山門が見える。


posted by ぐっちー at 03:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

今日の光が丘公園のお花見(4月1日)と桜の開花状況

今日(4月1日)も時間が少しとれたので光が丘公園の桜の様子を見に行った。
光が丘公園の西口に当たる光が丘高校口から芝生広場を目指した。

  (クリックで拡大します)

DSCF0237.jpg


DSCF0238.jpg


DSCF0241.jpg


DSCF0243.jpg


天気予報が外れて晴れて暖かで気温も20度以上はあり、お花見には気持ち良い季節だ。

DSCF0245.jpg


DSCF0245.jpg


DSCF0246.jpg


DSCF0248.jpg


この日の光が丘公園は平日なので主婦や子供、学生が多い。しかし光が丘公園はかなり広いので贅沢を言わなければお花見の場所取りに困ることはない。

DSCF0254.jpg



DSCF0256.jpg


今日は気温が高くお花見にはいい日和だが時折突風が吹き砂嵐が巻き起こる。お花見客は砂塵が巻き起こるたびにお弁当を隠していた。

DSCF0257.jpg


かなり強い風なので置いてある自転車が倒れその向うがかすんでいるのは砂塵のせいだ。


DSCF0259.jpg


DSCF0261.jpg


DSCF0265.jpg

かなり咲いている桜の木もあるが全体的にまだ5分咲きと言ったところか? 今週の土日が天気さえ良ければお花見日和になるかもしれない。
ただ光が丘公園は公園の広さに比較して桜の木の数は少ないので必ずしも木の下を確保はできない。

DSCF0266.jpg


DSCF0267.jpg


DSCF0269.jpg



DSCF0271.jpg


DSCF0275.jpg


DSCF0277.jpg


DSCF0279.jpg


DSCF0280.jpg

イチョウ並木

DSCF0281.jpg

売店 パークス


posted by ぐっちー at 05:13| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 季節の色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

今日の練馬区白子川の桜の様子(清水山憩いの森近く)

今日3月30日は春なのに東京で朝の気温が2度だった。快晴で非常に寒い。でもこんな日は、富士山が綺麗に見えるので写真を撮りに白子川の対岸の高台に出かけた。

その帰り白子川の橋の上で桜が二分咲き?だったのでその時の写真をアップする。


DSCF0213.jpg

この写真の先の左岸に清水山いこいの森がある。

白子川は昔狭い小川だったのがいつの間にかコンクリートの護岸、川底もコンクリートでもこんな川でも少しずつ生き物が戻ってきている。


DSCF0212.jpg

昔はこの川でも鰻がとれてビックリしたことを思い出した。
アメリカザリガニも沢山とれた。



DSCF0209.jpg

中学生の頃ここで四つ手網を使い小魚を取ったりしたが今では柵があり川に入ることも出来なくなった。


DSCF0207.jpg


ここの桜より光が丘公園の桜の方が少し咲き方が早いかな?


DSCF0206.jpg



白子川の桜の中では咲いているほうだ。


posted by ぐっちー at 20:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 季節の色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二番目にお勧めのデジカメFinePix F200EXRがあと少しで売り切れる

富士フイルム、デジカメFinePix F200EXRは現在日本で発売されているコンパクトデジカメでは最高の高感度を持っている(200g以下部門)

 写真はFUJIのFINEPIX F70EXR  一番おすすめ 10倍ズーム記事は
http://earthian.seesaa.net/article/144861263.html

FUJI F70EXR正面.jpg


下の写真は FinePixF200EXR 二番おすすめ 五倍ズームでこちらが超高感度

富士フィルムF200EXR.jpg



では、前回の記事で紹介したFUJIのFINEPIX F70EXRと比べFinePixF200EXRはどこが高性能なのか?

日本で売られているデジカメは小指の爪の半分以下の小さなCCDに1000万画素から1400万画素を詰め込んでいる。
同じ面積のCCDに画素数を多くすればするほど配線部分が多くなり受光部分の面積が小さくなることをデジカメ購入者の多くが知らず画素数の多い物を買ってしまう。
現在の日本のデジカメにCCDサイズは1/2.5型から1/2.2型で分母が大きいほど小さなCCDである。

CCDイメージセンサ (Charge Coupled Device Image Sensor)
http://ja.wikipedia.org/wiki/CCD%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5


CCD_SIZE.png


ところがFinePix F200EXRに採用されているCCDのサイズはコンパクトデジカメ中最大の1/1.6型である。もちろん1眼デジカメにはかなわないが、そこをフジはハニカムCCDにして受光面積の効率化を図りISO12800の超高感度に仕上げてある。

このISO12800は3月28日の記事のFINEPIX F70EXRと同じではあるが高感度特性はF200EXRの方が優れている。

ではなぜF70EXRを一番にしてこちらのF200EXRを二番にしたかと言うと私のデジカメ用途が鳥をとることがあるので10倍ズームを使うことがありF70EXRを一番にした。

室内での子供撮りならばF200EXRの5倍ズームで十分だろう。

ただF70EXRに比べF200EXRの方が人気があるのか15800円の価格の為か急速に在庫が無くなってきている。
私がF70EXRを買ったアマゾンでは売り切れだ、15800円はデジカメの修理代程度なので予備にまたは奥さん用に買っておくのも良いかもしれない。
このカメラ(70&200EXR)は「EXR AUTO」モードにすればだれがどこでどの時間帯でも美しくとれ、失敗が無い。

スペックは
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixf200exr/index.html


今日の練馬からの富士山 F70EXRの10倍ズーム リサイズ、コントラスト補正


DSCF0190-2.6度コント.jpg

posted by ぐっちー at 18:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

現在一番お勧めのデジカメFINEPIX F70EXR を買った。

2010年3月現在でコンパクトデジカメ No1のコストパフォーマンスとコンパクトデジカメの中でも高感度、高倍率を誇るもっともお勧めのカメラがFUJIのFINEPIX F70EXRである。

スーパーCCDハニカムEXRは他社のCCDとは比べられない高感度特性がある。室内の子供どり、演劇、ノーフラッシュの料理どり、暗い宴会場などなど暗い室内全般、夜景などで一眼デジカメばりの強みを発揮する。
   価格COMのレビューを見よ。
http://review.kakaku.com/review/K0000047371/

FUJI F70EXR斜め.jpg


実は、4月にFINEPIX F80EXRがでるので、発売当初35000円していたF70EXRだが価格COMのアマゾンなどで現在なんと16500円で手に入れることができる。
このデジカメこのサイズ(99.3x58.9x22.7 mm、180g)で光学10倍ズーム(27mm〜270mm)、画素数 1000万画素(有効画素) 撮像素子 形式 1/2型CCD 撮影感度 ISO 100〜12800 である。

3つの高画質を使い分ける、スーパーCCDハニカムEXR搭載
1つのCCDで、「高解像度」「ワイドダイナミックレンジ」「高感度・低ノイズ」の3つの撮像技術を使い分ける、究極のCCD『スーパーCCDハニカムEXR』搭載。

シャッターを切った時のタイムラグがほとんどないので気持ちが良い。

FUJI F70EXR正面.jpg

とにかく10倍ズームでこのサイズ現在の価格16500円は何が何でも安すぎる。

FUJI F70EXR裏面.jpg

4月にはF80EXR(32500〜37000円)がでるが、通常に使うにはF70EXRで十分である。またこのデジカメ高感度が特徴でISO1600でも十分使える。

ISO3200でも何とか使え1眼デジカメに匹敵する高感度だ。


DSCF0088.jpg

ISO 3200 まあ、なんとか許せる。

DSCF0089.jpg

ISO 6400 ここまでくるとさすがに苦しいが緊急事態なら使える。


DSCF0092-12800.jpg

ISO 12800 とにかく写っていると言う程度かなり荒いが物事は伝えられる。



DSCF0093-1600.jpg

ISO 1600 上の12800とは歴然と差がある。このくらいならなんとか我慢できる。まあきれい?


posted by ぐっちー at 05:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

今日の光が丘公園の桜の開花状況とお花見の様子

今日27日は土曜日ですこし寒いが天気が良かったので光が丘公園のさくらの開花状況とお花見の様子を見に出かけた。

今年 2月6日に光が丘公園を訪れた時の記事もあるので参考にして下さい。公園の施設や交通アクセス、年間イベント
http://earthian.seesaa.net/article/140360196.html (光が丘公園散策)

陰丸さんのブログでの光が丘公園のさくら


光が丘公園マップ(地図)
光が丘公園3.jpg

(財)東京都公園協会パンフレットより引用(クリックで大きくなります)

公園西側の光が丘高校口から入った。芝生広場の東側にさくらがある。手前の建物が太陽だ。

DSCF0005.jpg

この太陽の建物の向う側が「芝生広場」でその向うにお花見の場所がある。


DSCF0008.jpg

さくらはまだ二分咲きくらいだがそのサクラをスケッチしている人が2人いた。でもデジカメでパチパチ撮ってしまうことを馴れると写真はやめられない。


光が丘公園のさくら01.jpg

光が丘公園のさくら1 お花見はつぼみだろうが関係ない。

光が丘公園のさくら02.jpg

光が丘公園のさくら2 まだつぼみ



光が丘公園のさくら03.jpg

光が丘公園のさくら3 なかには咲いている花もある。


光が丘公園のさくら04.jpg


光が丘公園のさくら4  この人たちはあまり咲いていないさくらの木の下で宴会だけを楽しんでいた。


光が丘公園のさくら05.jpg

光が丘公園のさくら5 咲いているさくらの隣になぜか人造の桜があった。


光が丘公園のさくら06.jpg


光が丘公園のさくら6 空をバックにさくらを撮ってみました。


光が丘公園の売店パークス07.jpg

光が丘公園のイチョウ並木沿いの売店「パークス」は公園唯一の売店だ。ただお弁当などはIMA(イマ)の地下で買ってきた方が良い。

炭火焼三福だんご08.jpg

パークスのまえには炭火焼三福だんご  1本300円
http://www.urban-inc.co.jp/dango/index.html

観賞池のかも.jpg

イチョウ並木の観賞池のかも ここはバードサンクチュアリよりかもは多い


バードサンクチュアリ11.jpg

バードサンクチュアリ 土日しかやっていない。

バードサンクチュアリ12.jpg

バードサンクチュアリのバード 鳥の名前がわかる方はコメント下さい。


イマ09.jpg

IMA(イマ)のサーティワン アイスクリーム

イマ10.jpg

IMA(イマ)の  ケンタッキーとミスタードーナッツ。光が丘IMAにはほかにサイゼリアやマクドナルドや回転ずし外食レストランには困らない。


posted by ぐっちー at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

民主党副幹事長の生方幸夫議員の売名行為

民主党の将来を本当に思っている民主党議員ならなら、参院選を控えたこの時期に「小沢批判」をするはずがない。反小沢の民主党議員は生方幸夫議員以外にも多数いるが馬鹿では無い限り民主党議員なら今騒ぐのは得策でないこと位はわかるはずだ。

結局、3月23日午後には副幹事長は留任になったがTVニュースで記者に囲まれたその時の生方幸夫議員の顔がとってもいやらしいかった。

「おっ おれに注目が集まってるぞ。おれって なかなかやるな。」と思っているのが見え見えの薄ら笑いを浮かべていた。

こんなつまらない男の売名行為によって民主党の支持率が下がるなんて許せないと思っている議員は多い。

反小沢と思っいる議員でも衆院300議席を越える状態で参院選に臨んで参院で単独過半数を占めるのが至上命題なのがわかっている。普通、小沢幹事長に反感を持っている議員でもここは大人ならじっと我慢して小沢批判を控えている。

誰がどう考えてもこの時期に小沢批判をすることは自民党を利するだけだと
いうのはわかるはずだ。だからこそ反小沢勢力も参院選挙後まで待とうと考えて
いるのだろう。

ところが生方議員はまったく自分の事しか考えていない。確かに今回の騒動で民主党のあまり有名でもない議員が全国区に名乗りを上げ、本人の売名には成ったが自分が所属している民主党を大きく傷つけた。
とんでもない自己中な男だ。

00000054[1].jpg
生方幸夫議員

下に経歴を上げておく。

生方幸夫の経歴

生年月日 1947年10月31日(62歳)
出生地 東京都
出身校 早稲田大学
学位・資格 文学士
前職 ジャーナリスト
経済評論家

生方議員の人間性を疑わざる負えないニュースが入ってきた。
やはりこんな男、民主党を除名した方がよっぽどいい。
----------------------------------------------------------------------------------------
会議欠席に批判噴出=生方氏「出る必要ない」−民主
3月24日17時39分配信 時事通信

 民主党執行部の方針転換により副幹事長留任となった生方幸夫氏は24日、党の会議を欠席する一方、民放のテレビ番組に出演し、党運営の改善を主張した。これに対し、執行部内からは「果たすべき仕事をやっていない」(国対幹部)などと批判が噴出。解任騒動の「余震」が続いた。

 国会対策担当の生方氏は同日午前から昼にかけて、三つの番組に出演し「党内の風通しが悪い」などと指摘。また「重要でもない会議に、忙しいのにいちいち出る必要ない」と言い切った。番組出演を優先し、同日昼に国会内で開かれた国対正副委員長らによる会議を欠席した。

 国対幹部によると、生方氏はこれまで国対関係の会議をほとんど欠席していた。出演を知ったある衆院の常任委員長は「仕事もしないで、テレビで格好良いことばかり言っている」と批判。松木謙公国対筆頭副委員長は記者団に「(留任を決めた)小沢一郎幹事長の決定には不満だ」と怒りをあらわにした。平田健二参院国対委員長は記者会見で、「生方氏の人間性でしょうから、論評したくない」と不快感を示した。 

-----------------------------------------------------------------------------------------
posted by ぐっちー at 20:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。