2010年01月25日

練馬区 土支田八幡宮

お参りに行ったのは4日だが折角写真があるので載せることにした。
土支田八幡宮の土支田は江戸時代から土支田村という古くからの地名である。
土支田八幡宮の詳しい送検年代は不明であるが、鎌倉時代末と伝えられる。
江戸時代の古文書には八幡社他三社の記載があり、明治時代には合祀され「北野神社」と称した。戦後は現在の土支田八幡宮の社名になった。




DSCN1281.jpg

鳥居(明神鳥居)




DSCN1279.jpg


真ん中は歩かないで少し端を歩くのが作法



DSCN1278.jpg


最近では日本人でも神社の正式のお参りのしかたが解らなく成っている。

神社直伝 
これが正式のお参りの仕方だ。
二拝二拍手一拝する

DSCN1276.jpg


上の子供の絵のお参りの仕方は日本人なら常識であるところが省かれているので外国人でも解かる正しい神社のお参りの仕方をお教えします。
最近は外国人並みの日本人が増えてきているので参考にしてください。

これが正式(本音の)神社のお参りの作法だ

1.お賽銭箱の前に立ったらまずは心をしずめます
2.鈴か鐘ならして神様に気づいていただきます。
3.神様に気づいて、お出ましいただいたらお賽銭を真心をこめてお賽銭箱に投げ入れます。
4.おじぎを二度致します。
5.手を二回拍手します。
6.手を合わせたまま神様にお願いごとや以前のお願いのお礼を頭のなかで唱えます。
7.深いおじぎをもう一度致します。


2.3が逆だという人もいます。ご意見ください。
注 鈴をならす前にお賽銭を入れると言う方法が書いてある事がありますが、私は神様がお出ましになる前にお賽銭をあげるのはまずいだろうという考えです。



DSCN1270.jpg

神々しいですね。歴史を感じさせます。

DSCN1274.jpg

土支田八幡宮




posted by ぐっちー at 03:53| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | UFO&宗教 予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

政府は宇宙人の存在を隠ぺい?

政府は宇宙人の存在を隠ぺい?=元NASA飛行士が「証言」
7月25日15時48分配信 時事通信

 【ニューヨーク25日時事】米航空宇宙局(NASA)の元宇宙飛行士が英国の音楽専門ラジオ局のインタビューで、政府は宇宙人の存在を隠ぺいしていると発言。米英メディアが相次いで報じる騒ぎに発展した。
 この元宇宙飛行士は、1971年に打ち上げられたアポロ14号の元乗組員エドガー・ミッチェル氏(77)。
 同氏は23日の放送で、政府は過去60年近くにわたり宇宙人の存在を隠してきたが、「われわれのうちの何人かは一部情報について説明を受ける幸運に浴した」と説明。宇宙人は「奇妙で小さな人々」と呼ばれているなどと語った。 

まだ 宇宙人がいるか疑っていることに驚く。アメリカ政府を日本政府と同列レベルに考えてはいけない。
日本政府は陰謀というほどのものは持っていないが アングロサクソンの血を引くアメリカ政府は自国の大統領を何人も暗殺する裏の勢力が力を持つ。
未だにロズウェル事件は観測気球だと言い張る政府だ。
こんなアメリカ政府の陰謀にまだだまされているのはかなり情報収集能力が低い人間だ。
NASAの内部にいた人間が証言しているのに その情報を疑う方がおかしい。なぜ疑う?

グレイ

今回もそうだが少しずつ情報が漏れ始めている。いや、漏らしているのかもしれない。そう遠くない将来日本政府からも発表があるだろう。
宇宙人いればいいね。夢があっていいねなどと言っている君 考え直そうね。

エドガーミッチェル

エドガー・D・ミッチェルは非常に多才な人で、宇宙飛行士として月に6番目に降り立ったほか、科学者、作家としても多くの業績を残しています。
ミッチェルはカーネギー工科大学を卒業し、マサチューセッツ工科大学で航空航法学と宇宙航法学の博士号を修得した後、アポロ計画の宇宙飛行士に選ばれました。
初搭乗は1971年1月31日のアポロ14号で、アラン・B・シェパードJrとともに月に着陸、9時間の船外活動をし、10日後の2月9日に無事地球に帰還しました。
その後、1972年10月にNASAと海軍を辞め、ライス大学で科学研究に従事しています。

月に行ったアポロ飛行士たち皆が、地球に帰還後、人生航路を大幅に変更した。それは月に行った者のみで、地球を周回した宇宙飛行士には変化が見られないのは注目すべきである。

 現在、ジム・アーウィンはハイライト教会というキリスト教団体の会長として、世界中を歩いて布教を行なっている。

チャーリー・デュークは、半世紀前のゴチゴチとした雰囲気さえ感じさせる宗教家となった。 エドガー・ミッチェルは、超能力研究所を設立。自ら所長におさまった。

スコット・カーペンターはヒッピーになり、アラン・ビーンは宇宙絵画家、ドン・アイゼルは平和部隊に身を投じ、もっとも敬虔なクリスチャンだったバズ・オルドリンは、精神に異常を来して、長らく入院した‥‥等々。

アポロ14号で月に行ったエド・ミッチェルは、月面でアーウィンと同様に「神に触れた」と言い、テレパシー能力が増幅されることも発見した。ミッチェルとシェパードとの間で、何も言葉を交わさないのに、彼の考えていることが直接わかったという。(中略)

  ミッチェルはこうした月での体験のインパクトがとても大きかったようで、翌年NASAを辞めると、サンフランシスコに移ってESP(超能力)研究所を設立し、自ら所長になった。

posted by ぐっちー at 06:11| Comment(1) | TrackBack(2) | UFO&宗教 予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

ジュセリーノが予言。ゴアが大統領?

2ちゃんねるを見ていたら、またまた、とんでも情報が書かれていた。
いくらなんでもそれはないでしょうと言う情報で 情報源は東スポで筆者はあのたま出版の社長の韮沢くん。もちろん夢を見たのはジュセリーノちゃんだ。ヒラリーとオバマが接戦を繰り広げてる中どうしてゴアが大統領になれるんだ?

今日TVでオバマが初の黒人大統領になると暗殺の可能性があるとイギリスの誰かが言ったとの報道がされていた。
アメリカは陰謀の国でまだまだ深いところでは人種差別がある。

その番組では2ヶ月持たないと言うアメリカ人もいれば憎まれているブッシュ大統領でさえも暗殺されないから平気よと言うアメリカ人の太ったおばさんが明るくインタビューに答えていた。

黒人大統領の可能性はアメリカのテレビ番組の「24」が黒人大統領をサラッと出したのが好影響を与えていてわたしは高いと思う。

下記は東スポ(2008年2月7日)のジュセリーノの予言。(クリックで拡大します。

東スポ2月7日ジュセリーノ


ジュセリーノの2008年以降の予言
<ジュセリーノ予言特集 「週刊ポスト」2008年2月8日号より>
■2008
2月15〜28日 川崎でM6.3の地震 これはまもなく当たり外れがわかる。

2008年  ついにエイズワクチンが誕生、・・・・ルアナー(?)と言う薬草から開発

4月または5月14日    千葉でM6.7の地震
8月6日          東京でM6.5の地震
9月13日          M8.6の東海大地震、3万人が被災する。

■2009
1月25日    大阪・神戸でM8.9の大地震 死者50万人以上死亡。
11月17日        再度、大阪・神戸でM8.2の大地震、死者数千人


posted by ぐっちー at 05:43| Comment(11) | TrackBack(0) | UFO&宗教 予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

東京の大雪とジュセリーノの予言

大雪1

2月3日(日曜)地震の予言がはずれまくっているので、ジュセリーノの予言について取り上げなかったら逆に当たってしまった。
どんな予言かというと以下を参照してくれ。

ジュセリーノ予言(2008年1月末日成田空港閉鎖)

1 :ジュセリーノ潰しスレは竹下雅敏の仕業だった!!:2007/12/17(月) 09:15:10 ID:Fvqd3bXD0
ジュセリーノ予言(2008年1月末日、大雪で成田空港閉鎖)

竹下雅敏がまもなく以下のような予言を
サイト・ブログ・2chのスレッドに垂れ流すであろう・・・

ある臨終前の人が一月末に「成田空港が雪で覆われ閉鎖される」
とのビジョンをみました。 警戒レベルまで波動があがっております。
速やかにこの天災に備えて、防災グッズ・保険・株式に投資しなさい。

    by 竹下雅敏の行動を予言するコピペーノ予言
--------------------------------------------------
●竹下雅敏予言の便乗先(ジュセリーノ予言 たま出版BBSより)
返信者:ニラサワ  日本滞在中も連日予言が出て、公証役場登録を
行っているようです。 ジュセリーノさんは、成田空港に降り立った時、
ここが間もなく雪で閉鎖される映像を見たようです。1月末とか…
2007/12/13(Thu) 12:07 [9732]
---------------------------------------------------

379 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 06:16:25 ID:VLD4M2+50

★テレビ番組内で予言、今年1月末の東京大雪・交通大混乱

予言動画(5分50秒に注目) http://www.youtube.com/watch?v=pklSwuIMU_o

大雪2


posted by ぐっちー at 09:02| Comment(12) | TrackBack(0) | UFO&宗教 予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

日本政府がUFO存在を否定

少し前だが12月18日に、民主党の山根隆治氏の質問主意書に対する回答。「UFOを目撃したという情報が後を絶たない」との前提で行った質問に対し、「情報収集、外国との情報交換、研究などを行っておらず、わが国に飛来した場合の対応についても特段の検討を行っていない」と閣議決定した答弁書で見解を示した。政府がUFOの存在を正式に否定したのは初めてだ。
あまりのあほらしいのでコメント(私はUFO存在する派)する気もなかったのだが20日に石破防衛大臣がおもしろい発言をしたので取り上げることにした。

会見が終わったあと
「UFO(の質問)は出ませんでしたね。再開しようか?」(しゃべりたかった様子で)

−−UFO論議が注目を浴びているが、ご所見を

「存在しないと断定できる根拠がない。個人的に信じる、信じないの問題はあるのだろうが、そういうような未確認飛行物体、それを操る生命体が存在しないと断定しうる根拠はない。防衛省としてというよりも、私個人の話だが、存在しないと断定し得ない以上、いるかもしれない。少なくともないと断定するだけの根拠を私は持っていない。そういうものはあり得るだろうということだと私は思う」

−−その場合、防衛力のあり方への影響は
「ゴジラの映画があるが、ゴジラでもモスラでも何でもいいのだが、あのときに自衛隊が出ますよね。一体、何なんだこの法的根拠はという議論があまりされない。映画でも防衛相が何かを決定するとか、首相が何かを決定するとかのシーンはないわけだ。
 ただ、ゴジラがやってきたということになればこれは普通は災害派遣なのでしょうね。命令による災害派遣か要請による災害派遣かは別にしてですよ、これは災害派遣でしょう。これは天変地異の類ですから。モスラでもだいたい同様であろうかなと思いますが、UFO襲来という話になるとこれは災害派遣なのかねということになるのだろう。

 領空侵犯なのかというと、あれが外国の航空機かということになる。外国というカテゴリーにはまず入らないでしょうね。航空機というからには翼があって揚力によって飛ぶのが航空機ですから、UFOが何によって飛んでいるのか、色んな議論があるのでしょうけど、それをそのまま領空侵犯で読めるかというとなかなか厳しいかもしれない。

 そうなってくると、これは飛翔体なのかねということになるとするとどうなのか。例えば隕石(いんせき)が降ってきたことと同じに考えられるか。隕石は自然現象だから何の意思もなく降ってくるわけですが、UFOの場合は意思なく降ってくるわけではない。これをどのように法的に評価するのかということもある。

 そうすると災害派遣が使えるのか、領空侵犯でもなさそうだ。そうすると防衛出動かねということになるが、それをわが国に対する急迫不正な武力攻撃と考えるかというとそうはならないだろう。UFOが襲来して、色々な攻撃を仕掛けるということになれば、そういう評価も成り立つのだと思うが、『地球の皆さん、仲良くしよう』と言って降ってきたときに、それはわが国に対する急迫不正な武力攻撃でも何でもない。
 また、何らかの意思が伝達されたときに何を言っているかよく分からないという場合に一体、どのようにわが方の意思を伝達するのだということもある。

 当省として、こういう場合にどうするかという方針を固めたわけでも何でもない。これは私個人の話であって、私は頭の体操という言葉はあまり好きではないが、色んな可能性は考えておくべきものだ。ある日突然にそういうことが起こって、どうするのかというのもあまり望ましいことではない。

 省として取り組むことは全然ないが、私自身として、一体どうなるのかということは考えてみたいと思っている。そのときに日本だけ襲来するかというと、世界あちこちに襲来するでしょうな。そのときに国連でそういう議論が行われたかというとあまり承知していない。まだ、存在しないと断定し得うる根拠がない以上は、やはり頭のどこかに置いておくべきなのではないのかなと。当省としてそういう方針を決定したということでは全くありません」

彼は確かに情報を持っていて楽しんでいるようだ。

少し前の記事だがアメリカでも同じような事があったと時事通信社が報道している。
http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_int&k=20071113015130a&rel=j


2007/11/13-21:35 米政府にUFO調査再開を要求=笑い事でないと元パイロットら
【ワシントン12日AFP=時事】未確認飛行物体(UFO)を目撃したり、その調査にかかわったりした元パイロットや元米政府職員ら19人が12日、同政府に対し、約30年前に打ち切ったUFOに関する調査を再開するよう要求した。国家安全保障、航空安全のためにもUFO問題を取り上げるべきだと主張している。(写真は長時間露光したアリゾナ州キットピーク国立天文台上空の星空)
 19人の中には、1994年にニースからロンドンへの飛行中、巨大な円盤を見たというエールフランスの元パイロットや、76年にUFOの撃墜を試みたイラン人元パイロット、87年にアラスカ上空で目撃されたUFOに関する調査がもみ消されたと主張する米連邦航空局(FAA)の元職員がいる。
http://www.geocities.jp/shakujii21/ufo00.htm
 97年にUFOを目撃したという空軍パイロット出身で元アリゾナ州知事のファイフ・サイミントン氏は記者会見で、「UFOはすべて常識的な説明で事足りるという神話を定着させようとするのを政府はやめてもらいたい。69年に打ち切った調査の再開が必要だ」と述べた。
 同氏はこの中で、どの国も安全保障上、航空安全上の理由から自国領空内のいかなる飛行物体についても正体を突き止めるべきだと指摘。さらに、UFOに関して米政府は国民に語るべきだと提言したところ、中央情報局(CIA)関係者が「だめだ。UFOが存在すると公衆に話せば、パニックが起きる」と述べたと語った。
 UFO問題は次期米大統領選の候補者討論会でも取り上げられ、民主党のクシニッチ候補は自らUFOを目撃したことを明かしたという。UFO懐疑派は目撃証言について、単なる航空機の見誤りか、大気圏に突入した隕石だと主張している

今日になってさらに あの東国原知事もUFO談義に参入?
むかし自分の家からUFOが見られると女の子をナンパしたと告白していた。
東国原知事はアホだからこんな重大なことを茶化す。UFOがいたら夢があっていいねなどと言うやつは事の重大性をわかっていないバカだ。

多くの真摯な目撃例をバカにするに等しい。パイロットをはじめプロと言える人達のまともな目撃証言を無視する理由が見つからない。物事をキチンと分析できる人間はUFOの存在を当たり前だと考えている。


posted by ぐっちー at 04:54| Comment(4) | TrackBack(0) | UFO&宗教 予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

宇宙人を見つけた時の通報先が決まります

日本でもやっと宇宙人を見つけた時の公的機関の通報先が決まるようだ。

宇宙人からの通信受信、通報はどこへ…研究者ら来月討議
10月18日18時53分配信 読売新聞

 宇宙人を見つけたら、最初に知らせるところは、国立天文台か、宇宙航空研究開発機構か、はたまた首相官邸なのか?
続きを読む
posted by ぐっちー at 03:41| Comment(2) | TrackBack(1) | UFO&宗教 予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

ジュセリーノの予言当たりました?

10月12日
ロンドン=岐部秀光】ノルウェーのノーベル賞委員会は12日、2007年のノー
ベル平和賞を、米国のアル・ゴア前副大統領と国連の気候変動に関する政府間パ
ネル(IPCC)に授与すると発表した。両者はそれぞれ地球温暖化対策の重要
性を訴えた活動が評価された。

クリントン政権で1993年から01年まで副大統領を務めたゴア氏は97年の京都議
定書締結の立役者として知られる。00年の大統領選でブッシュ現大統領に敗れた
後、環境問題をテーマに世界各地で講演活動をした。これを元にした映画「不都
合な真実」が06年に米国で公開されると大反響を呼び、日本も含む世界で上演された。


不都合な真実

これはジュセリーノの予言が当たったと言って良いのでしょうか?
世間は亀田の初黒星で沸いていますが、2ちゃんねる(オカルト板)とたま出版のサイトではこの話題で盛り上がっています。

以下は私がネットから拾ってきた文章だが本文から分かるようにノーベル平和賞を受賞する前に書かれた物である。

--------------------------------------------------
★アル・ゴアにノーベル平和賞が与えられる
ジュセリーノが予言した通りの本
「An Inconvenient Truth」が出版された
アメリカの元副大統領であったアル・ゴアが温暖化問題に取り組み、その著書「不都合な真実」が映画化されてアカデミー賞を受賞したことは、すでにご承知の通りである。

多くの人々に驚きを持って迎えられた、アル・ゴアの地球温暖化問題への登場は、実は、19年も前、1988年にジュセリーノによって予言されていたのである。この情報は、雑誌「ムー」の6月号に掲載されているが、発行前の5月末、学研の編集長から知らされ時には、私も驚いて、しばらく呆然としてしまった。

それによると、1988年に当時上院議員であったアル・ゴアに宛てた手紙には、彼が1993年から2001年にかけてビル・クリントン政権の副大統領を務めることになることと、将来、地球環境を守るための活動に取り組んで、「不都合な真実」(英語で書かれた手紙には「An Inconvenient Truth」と書かれている)というタイトルの本を著わすことになることが記されている。

アル・ゴアがジュセリーノの警告によって、地球温暖化現象について世界的な啓蒙活動に携わるようになったのかどうかはわからないが、少なくとも、彼の人生が予言通りの方向に向かって進んだことは、見ての通りである。

さらに予言書には、アル・ゴアはその啓蒙活動が認められ、2007年にノーベル平和賞を受賞することになると、書かれている。おそらく秋には受賞者の名が発表されることになると思われるので、我々は、間もなくアル・ゴアに対するジュセリーノ予言の完全成就を目にすることになりそうである。

それにしても皮肉なことである。もしも、ジュセリーノの予言が成就したら、2001年大統領選の勝者、ジョージ・ブッシュがイラク戦の後遺症で国の内外から総スカンを食い、国内の支持率も20%台に低迷しているというのに、敗者として在野に下ったアル・ゴアが、温暖化対策の啓蒙活動家としてアカデミー賞ばかりか、ノーベル平和賞まで手にすることになるのだ。まさに「人生、万事塞翁 (さいおう)が馬」とはこのことである。
http://www.y-asakawa.com/message/miraiwoyochisuru-otoko4.htm
---------------------------------------------------

以下は2ちゃんねるでの受賞の瞬間。

-----------------------------------------------------
516 :あ:2007/10/12(金) 10:58:32 ID:UNX9LLoIO
ノーベル平和賞受賞したん?
517 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 12:49:20 ID:d0JD3vUU0
10年前にこれを予知してたってこと?

ttp://www.jiji.com/jc/zc?k=200710/2007100600082&rel=y&g=int

518 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 12:52:48 ID:d0JD3vUU0
すまん、20年前か。
かすったとしてもすごいんじゃね?

519 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 18:03:49 ID:A1dSK9fB0
ゴアがノーベル平和賞受賞。
さあ、これでジュセリーノ信者がまた活気づくんだろうねw
すげー、すげー、ジュセリーノすげーってw
520 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 18:03:52 ID:0RRgZbt4O
速報
ゴア ノーベル平和受賞
521 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 18:04:44 ID:Sh3VFFNd0
ゴア受賞!すげぇ!!
522 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 18:05:59 ID:BJyZBlpkO
取っちゃった(^ω^)
523 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 18:06:13 ID:uv7/YfxEO
おし、これで11月にでかい地震きたら信者になる
524 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 18:08:59 ID:uv7/YfxEO
あれ、地震くんのは10月?
525 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 18:10:26 ID:A1dSK9fB0
すげぇ〜!!! すげぇ〜!! ジュセリーノ本物じゃんwwwww
526 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 18:17:10 ID:WFqs27UZ0
てすと
527 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 18:18:40 ID:LEpJS6AN0
すげー、すげー、ジュセリーノすげー
528 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 18:18:53 ID:Sh3VFFNd0
・10月から11月にかけて(10月31日〜11月1日頃か?) 大阪(から京都)で、M6.6以下の少し強い地震が発生する。
・11月25日 - 千葉県の船橋で、M7.3の強い地震が発生し125人が死亡。(ただし、この地震は起きない可能性が強いと、ジョセリーノ氏はすでに明言している)
・元米国副大統領のアル・ゴアが2007年にノーベル平和賞を受賞する。[3]
・12月31日 - 人類が地球環境破壊や、物資に偏重した価値観や考え方を改める最後の期限。
529 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 18:19:25 ID:H63H4Xyg0
てか、ノーベル賞の審査員にジュセリーノ信者がいて、それでとらせたのかもw
530 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 18:19:39 ID:ZaSl+U4GO
ジュセリーノ\(^O^)/万歳
531 :◆VIpper4bOw :2007/10/12(金) 18:20:32 ID:9h668GBe0
ぎゃああああああああああああああああああ
ゴアがあああああああああああああ
posted by ぐっちー at 01:26| Comment(3) | TrackBack(1) | UFO&宗教 予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

「未来からの警告」買いました

たま出版の「未来からの警告」近所のセブンイレブンで受け取ってきました。
さすが、たま出版!きわどい本ですね。まだざっとしか読んでいませんが、いかがわしさぷんぷんの本です。
予言の本なのに過去の予言が当たった、当たったばかりで未来の予言は5%〜8%くらい。過去の当たった予言は、日時や人名なども妙に詳しいのに2007年以降の予言は 巨大な台風やハリケーンが日本やアメリカを襲う(当たり前ですね)などや地球環境が破壊される(これまた常識ですね)、小惑星がぶつかる可能性が高い(これはNASAも発表している)など どうとでも取れる内容が多い。

ただ、偶然か当たったのか分からないが2007年7月13日に大地震が起きると言ったのが、7月16日の中越沖地震が起こったのをどうとるか?
また10月か11月に起きると言う大阪での地震があたるのか?
さらに、11月25日(日)に予言されている千葉(船橋市)の仮称千葉大地震が本当に起きるのか検証を待ちたい。
この2つの地震が本当に起きたならジュセリーノを信じても良いが二つとも外すようならこの話忘れてください。
2008年の東海地震に続く話はなかった事にしてね。

ただTV局の編集は実にうまい。TVで見るジュセリーノはとってもいい人に見えるが、稀代の詐欺師、妄想家、はたまた偉大な予言者。
まあ、どちらにせよ11月末には結論がでるでしょう。
posted by ぐっちー at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO&宗教 予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

12月1日にシベリアにUFOが墜落。

12月1日土曜日にシベリアでUFOが墜落したらしい。
日本ではまだ報道されていないがロシアの通信社とそれを引用した
トルコのSABAH(サバ?)が報道した。

ただ、宇宙人に言いたい。恒星間旅行までできる科学力がありながら地球まで
来てJALの飛行機くらいの確率で落ちるなと言いたい。ロシアの飛行機よりは
安全のようだが。


シベリアにUFO墜落


http://english.sabah.com.tr/39A7D056026E45DB8325DE4A6365CC81.htm

翻訳ソフトで翻訳すると、

UFOが空から落ちます

ロシアの通信社がその未確認飛行物体がシベリア地区に中に空から墜落したと報告しました。

ロシアの通信社 RIA - Novosoti は未確認飛行物体が今朝シベリアの nayarsk エリアに
墜落したと報告しました。
衝突は小さい山火事を起こしました。

オブジェクトは正確に Yeniseisk と Krasnayarks の Lesosibirsk 町の間のエリアに
クラッシュしました。
当局がすぐにその区域の住民によって知らされました。 ロシア空軍当局がオブジェクトが
クラッシュさせられた時にその区域で検出された登録されたフライトがなかったと言いました。
シベリア緊急時チームがそれ以上の調査のためにヘリコプターを衝突現場に送りました。

突発しているニュース! UFOがシベリアで墜落します! トピック先発

posted by ぐっちー at 18:56| Comment(3) | TrackBack(0) | UFO&宗教 予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

JALジャンボ機UFOに遭遇(週刊新潮)

06.11.30新潮JAL機UFOタイトル
クリックで拡大します。

今週の週刊新潮(12月7日号)になぜか日本のUFO目撃情報では特筆すべき事件 「日航貨物機、巨大UFO母船に遭遇事件」を20年ぶりに取り上げた。
この事件は日本のUFO目撃事件でもっとも信頼性の高く、元自衛隊の訓練を受けたパイロットが覚悟を持ってはっきり証言した信憑性の高い事件でもある。目撃者は寺内機長と副操縦士、機関士の3人である。
決意を持って共同通信のインタビューを受けた寺内機長であるがこの取材を受けたことがその後の彼の人生を大きく変えてしまいこれ以降現役パイロットの発言は皆無になってしまった。

この事件の記事は1986年(昭和61年)12月30日(火)に新聞に載ったものですので 大きな図書館で当時の新聞のバックナンバーを調べることができます。

実際のUFO遭遇事件が起きたのは1986年11月17日(月)午後5時5分のことであった。ワインを満載したパリ発東京行きの日本航空1628ジャンボ貨物機がアラスカ上空高度1万600メートルを時速910キロで飛行中、それを最初に見つけたのは機長の寺内謙寿であった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「おい、あれを見ろ」
「−−−!あれは−−−!」
「UFOだ。間違いない」
「この機と平行して飛んでいますね」
寺内機長に言われて為藤隆憲副操縦士も、佃喜雄航空機関士も、思わず目を疑った。機は真っ暗な空を飛行中。・・・・・
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

下記のHPに上の続き20年前のJAL機、UFO遭遇事件の新聞記事がある。

UFOとアミ 小さな宇宙人(管理人 ぐっちー)
http://www.geocities.jp/shakujii21/ufo00.htm

上のホームページ(作者は私)は「JAL貨物機、巨大UFO母船と遭遇」の記事がある。
読んでぜひ感想のメール、又は北関東の小さな地方都市に住んでいると言う寺内機長の近況を知る方のメールをお待ちしています。

彼は元自衛隊なので自衛隊駐屯地が近くにある町に住んでいる可能性が高い。

下のコメント又は 掲示板1にも感想をお待ちしています。
posted by ぐっちー at 21:04| Comment(1) | TrackBack(0) | UFO&宗教 予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。