2010年10月16日

ケーブルTVのJCOMから地デジの回答がきました。

私は総務省発表の地デジ普及率80数パーセントの数値に甚だ疑問に思うものです。前回ここ練馬地区で地デジアンテナがあがっている世帯の割合を個人的に調べたただサンプル数が少ないのであまり正確な値は出ない。
そのうちに母集団を200件位になればかなり正確な割合が求められる。
世帯数(母集団)の内UHFアンテナが東京タワーに向いている割合が約37%だった。

JCOMからの回答によるとデジタルのケーブルTVに加入割合は23%位なので総計60%でいどかそれ以下だろう。
posted by ぐっちー at 06:51| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家電製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

地デジ対策が80%以上の家庭で済んでいる?のウソ

《地デジの普及率80%以上への疑惑》
アナログ放送の停波が10カ月が切ってきた現在、総務省は各家庭の80%以上が対策が済んでいると言う。
しかし、近所(練馬地区)のアンテナの状況を見る限り総務省発表の「80%の家庭が対策済み」ははなはだ疑問だ。

散歩がてら近所のアンテナの写真を撮ってきた。練馬ではUHFアンテナの方向を見ればその世帯が現在地デジを見ているのかTV埼玉か、TV神奈川を見ているのかがわかる。
練馬地区ではUHFアンテナが北に向いていればそれはTV埼玉を視聴している。南南東を向いていればTV神奈川、VHFアンテナと同じ方角を向いていればそれは地デジかMXTVを見ていることになる。

ここ練馬地区ではMXTVは15年前に開局したばかりの新しいU局なのでMXTVを見るためにUHFアンテナを上げた世帯はまずいない。

つまりVHFアンテナとUHFアンテナが同じ方向(東)を向いているか、UHFアンテナのみが東に向いて上がっていれば、練馬ではその家庭は地デジを受信していると判断される。


DSCF1966正しい.jpg

地上デジタル&アナログ放送&BS放送を受信


DSCF1956アナログ.jpg

アナログ放送


DSCF1952埼玉.jpg

アナログ放送(東)UHF(北 TV埼玉) BS放送(南)を受信


DSCF1950TV神奈川.jpg

アナログ放送(東)UHF(東南 TV神奈川) BS放送(南)を受信


DSCF1960アナログ埼玉.jpg

これは左と右はアナログのみ中央のみTV埼玉を受信。

ざっと近所(練馬区北部)を調査をして見たところ正しく地デジが受信できるようにUHFアンテナが揚がっているのは半数以下35−45%程度である。
いくらなんでもこれではオカシイので練馬ではこれにJCOMのケーブルTVを足した数字が地デジ普及率になると思われる。

現在JCOMに練馬地区のケーブルTVの加入世帯数を問合わせ中。

総務省やそれを鵜のみにしてどのような調査の結果なのかを明らかにしないまま地デジ普及率80%以上の数字だけ発表したマスコミはあまりに無責任。

私の地デジ普及率の調査方法はランダムに近所のアンテナを写真に撮りそのうち地デジを受信できるアンテナの数を数えた。

地デジ対策済みアンテナ数  =16軒
写真に写っているアンテナ数 =43軒

16÷43x100=37.2

《なんとアンテナより見る地デジ普及率は50%以下》

なんと37.2% まあこれは母集団がすくないのでかなり誤差が大きいので練馬区のアンテナによる地デジ普及率は35%から45%くらいだろうと推測した。
アンテナから見る限り練馬地区では50%はどう見ても越えていない。

あとはケーブルTV経由で地デジを見ている世帯割合を足すだけだ。

《練馬区におけるJCOM契約数が分かればケーブルTV経由の地デジ視聴率がわかる》

我が家はJCOMのデジタルチューナーを3台契約しているのでJCOMの練馬営業所に練馬区のJCOMの契約数を質問中。練馬地区の契約数を訪ねたがJCOMの全国契約数が約330万軒しか教えてもらえなかった。
それでも粘った結果、上司と相談後回答をもらえる事になっている。
ただ、JCOMの世帯契約率は2割を超えないだろう。
その場合、多く見積もって 40%+20%=60%  くらいの普及率になる

練馬区の総世帯数は333,883世帯  


 
posted by ぐっちー at 13:28| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家電製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。