2007年06月01日

中国ってすごい国

連日中国製の毒入り食品や薬品が話題になり、さらにすごいことに中国政府が開き直り使った方が悪いと言い出した。
毒物のジエチレングリコールを甘味料のグリセリンと表記していながら訳の分からない開き直り。
これはすごいとしか言いようがない。世界中に中国のすごさを宣伝しているようなもの。
中国政府がそんな言い訳は世界中から「やっぱり中国人はすごいよな。」と思われるだけとちっとも思ってないところがすごい。

もう一つ中国がすごい話。

発想の転換で、泥棒の撃退に成功したマンションが話題となっている。

北京市朝陽区のあるマンションは長年泥棒に悩まされてきた。問題はマンションを囲む壁が低いこと。
南側の部分は高さがわずか1.5mしかなく、簡単に乗り越えられてしまう。
住民の李(リー)さんによると、この低い壁の存在はおそらく北京中のこそ泥の間に知れ渡っており、毎日のようにマンションには泥棒が侵入していたという。
李さんも自転車3台を盗られた。まさに「泥棒天国」状態だった。
でも壁を高くするような資金はマンションにはない。

そこで中国人は考えた。
壁を高くする資金が無いなら壁の横に溝を掘ってしまえと幅2メートル深さ3メートルの溝を掘ったそうな。
それ以後泥棒被害はなくなったそうな。

写真を見ると

マンションの溝

塀の上には鉄条網とお堀と言う感じでまるで戦時中の要塞のよう。

でもこの溝を掘ってでた瓦礫と土は何処にいったんだ?

まあ日本では考えられないことです。

でも日本でも最近考えられないような事件がある国の国民が不法入国するにつれ増えている。




posted by ぐっちー at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球人のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。