2011年04月07日

東京電力が火力発電所のホームページを消し始めた。

どう考えても計算が合わない東京電力の計画停電
http://earthian.seesaa.net/article/194466905.html

あきれ返る話だ。
4月6日のブログで東京電力のホームページを見てみようと書いたところ、6日の午後か7日に東京電力が火力発電所のコンテンツをすべて消した。
6日まで各火力発電所のホームページが見ることが出来ていた。東京電力の人に電話で話した時にホームページ消さないでねと強く念を押しといていたのに やることがえげつない。
大企業のやることだろうか? 

・広野火力発電所 2、4号機 地震により停止中 
         総発電量380万kw 中 2号機70万kw 4号115万kw
  70+115=185万kw

・常陸那珂火力発電所 1号機 地震により停止中    1号機    
             100万kw

・鹿島火力発電所 2、3、5、6号機 地震により停止中
  2-3号機70万kw x 2=140 5-6号機 115万kw X 2=230
     140+230= 370万kw

などホームページから発電量を拾えたのに現在は停止中の発電所だけでなく何の被害がない他の火力発電所のホームページまで消して隠ぺいに必死だ。

posted by ぐっちー at 20:06| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も東電の発電能力を計算したいと思い、東電のホームページをみたら、どこの火力発電所もみれなくなっていたのでおどろきました。
ほんとにえげつないですね。
Posted by くすのき at 2011年04月09日 12:14
そうですよね。原発がおかしいのに火力の各発電所を見えなくするのはどう考えてもおかしいですね。わたしが記事を書く為に資料をHPから拾っていた時までは見れていたのですが。
でも、最近私と同じように計画停電は経産省と東電がタッグをくんだ陰謀だと主張する人が増えているのでいつまでも隠しきれないでしょう。
東電のホームページからはリンクが切れているようですが個別の火力の出力の一覧のページがあります。今は見れますが消えてしまうかもしれません。保管してください。
http://www.tepco.co.jp/tp/list/index-j.html

下記は私と同じ意見で「他社受電分も入れれば事故前は7,769万kwあった」

Yahoo知恵袋。夏に計画停電が必要な理由を教えてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1058574180
Posted by ぐっちー at 2011年04月09日 13:19
ありがとうございます。
早速保管しました。
政府や大企業にとって都合の悪い情報を見られなくなるって
まるで映画のようです。
Posted by くすのき at 2011年04月10日 06:10
過去の原子力発電歴史を遡ると見つかるまで小さな事故はすべて隠ぺいしてきた会社です。

東京電力の隠蔽体質がすごい件
http://start365.blog26.fc2.com/blog-entry-480.html

コンプライアンス(法令順守)と言う言葉は東電にはない。
ばれたら認めるという会社ですから今現在何を隠しているのやら。
Posted by ぐっちー at 2011年04月10日 10:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。