2006年06月03日

たばこをやめて良かった

たばこをやめて3年、やはりやめてよかったと言う記事があった。
これを読んだらしょうたさん たばこやめようね。

でぶと高コレステロールは死亡率に関係ないのがうれしい。たまごは食べてもいいんだ。
別の血圧の本にもこの茨城県の10年間に渡る健康調査が引用されていたが貴重な資料らしい。
その本では血圧降下剤を飲んでいた人の方が死亡率が高い結果になっていた。

さあどうする しょうたさん。たばこだけでなく 血圧も高いでしょう。 
 
 *********************************
<喫煙者>やはり「死亡率高い」北海道の医師分析  ( 6月2日 毎日 )


 高血圧、高血糖、高コレステロールより、死につながりやすいのはたばこで、受動喫煙でもアスベストやディーゼル排ガスを上回る被害が出ている――。
北海道・深川市立病院の松崎道幸医師(呼吸器内科)が、6日までの世界禁煙週間に東京都内で開かれている日本呼吸器学会で、こう訴える。

国内外の各種調査を分析した結果で「禁煙こそが最も重要な病気予防策だ」という。

 松崎医師は、茨城県などが実施した調査に着目した。40歳から79歳までの健診受診者約9万8000人を、93年から03年まで追跡し、検査値や生活習慣と死因を調べた結果、

喫煙者の死亡率は、吸わない人に比べて男性で1.6倍、女性で1.9倍だった。



これに対し、高血圧や高血糖患者の死亡率は、正常な人と比べてそれぞれ、1.3倍から1.5倍だった。

肥満や高コレステロールでは、死亡率は正常な人と変わらなかった。

 特に「現役世代」ともいえる64歳以下の男性では、喫煙者の死亡率は吸わない人の2.1倍に達した。

松崎医師は「男性全体の死亡の24%は禁煙していれば防げたと考えられる。たばこが男性の早死にの最大の原因だ」と指摘する。

***************************


長生きしたければ禁煙は絶対だ。




posted by ぐっちー at 02:27| Comment(3) | TrackBack(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は,最近,ショートピースを40本,2週間ぐらいかけて吸いました,すいまして,すいません。と,誰に言う出もなく謝る(^o^;)。

久しぶりに吸う煙草は美味しかった。ニコチンは28グラムだったかな。どうせ吸うなら一番ヘビーなのがいい! とショートピースです。

私は今月が誕生日で,58歳になります。もういつ死んでも,くいはありません。が,十数年とか寝込むのがいやなので,健康に注意している訳です。お互いに,ぽっくり逝くまでは,健康で暮らしていきましょう。
煙草はおいしいけど,大変健康に悪いです。止めましょう! に賛成。
Posted by 陰丸 at 2006年06月04日 19:32
陰丸さん、たばこは一旦やめたら絶対に吸っちゃダメですよ。
しかもニコチンの量を計算するなんてとんでもない。
たばこの存在を忘れてください。
禁酒法ならぬ禁煙法ができるのは賛成できませんがタバコ1箱900円くらいは賛成です。
Posted by ぐっちー at 2006年06月05日 00:04
ニコチンの量は,1本28mgの間違いでした。
大丈夫,ぐっちーさん,タバコの身体に与える害は十分認識しています。階段の上り下りや,朝の目覚めの時に,「止めてよかったー」を実感しています。
ただ,たまには,身体に悪いことをしてみたくなっただけ(^o^;)。
Posted by 陰丸 at 2006年06月05日 08:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

伝染性の高い死の病は告知すべきか?
Excerpt: 死の病,「癌」の告知は躊躇いがある。しかし,昔,同じように死の病とされていた「結核」は,昔から躊躇なく告知されている。理由の一つに,癌は伝染病ではないが,結核は伝染するので周囲を守る必要が考えられる。..
Weblog: Kißlegg's blog
Tracked: 2006-06-03 09:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。