2011年02月15日

バレンタインデーは雪景色。

先週の金曜日と土曜日が東京は大雪との気象庁が予報して木曜日には東京のカーショップから1夜にしてタイヤチェーンが消えて私も久しぶりの大雪を期待した。
雪国の人から見ると笑ってしまうと思うが、東京生まれの私は子供の時から大雪はどちらかと言えば楽しみだ。
東京は平野を2方から山脈に囲まれ南と東は海なので東京より西の方が雪になっても23区内は雪が積もらないことが多い。
小学生のとき、校庭で雪合戦をした思い出は1−2回しかない。

金曜日は気象庁が大雪と予報した時に限って大雪には成らないジンクス通り雪は1日中降ったが都心では全く積もらなかった。
友人が住んでいる東京郊外の八王子では雪が積もって、朝起きたら雪景色だったようだ。

雪景色1.jpg

2月11日 八王子郊外の友人の家から

ところが、バレンタインデーの14日は気象庁があまり大雪だとは騒がなかったので東京は大雪になった。
いつも東京では大雪と言わない時が大雪に成るものだ。ただ、大雪と言っても都心で3−4cm 練馬で5−8cmで日にちが15日に変わったころには雨交じりになり間も無くやんだようだ。

DSCF2440.jpg

2月14日バレンタインデーの夜 練馬


DSCF2441.jpg



DSCF2447モザイ.jpg


posted by ぐっちー at 05:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185962010

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。