2006年05月07日

ポストにも時の流れや終わりがある

ポストコレクションの続きです。1回の撮影でお終い! のポストがほとんどなのですが,時々気になるのがあって,続けて撮影をしているものもあります。そのうちのふたつを紹介します。

ひとつは,一級建築塗装工事・看板制作の「小川塗装工芸社」さんのポスト。
3年前の撮影では,屋根が痛み,塗装もハゲて,哀れを誘うようなポストでした。これが塗装店のものでなければ,それ程気にならなかったのですが,いつでも簡単にきれいに出来る環境にあるポストのはずです。それがこの有様なので気になってしまいました。

penki01.jpg

それから時が流れ3年経ちました。今朝の撮影です。きれいになっていました。屋根だけが……。いい環境にいても,なかなか人間の人生もうまくいきませんが,このポストもいっぺんにきれいになることは出来ないようです。また今日から3年後はどうでしょうかね。

penki03.jpg


次は,ふたの壊れたポストです。ビニールやガムテープで幾度も補強されながら,役立つ仕事をなんとか維持していました。

kyohi01.jpg

kyohi02.jpg

しかし,ある時役目を終える日がきました。受信拒否宣言から半月もしないうちに,住居ごと片づけられ,その跡は駐車場になってしまいました。ご苦労様でした。あなたの思い出を,このブログに残します。

kyohi03.jpg


posted by 陰丸 at 21:39| Comment(1) | TrackBack(0) | こだわりコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
塗装屋さんのポスト,“紺屋の白袴”ですね。でも屋根を直しただけでも偉い。(屋根が腐りそうで必要にせまられてかな?)
散歩の途中で,気になるポストを定点観測して ポストにエールを送っている陰丸さんを、やさしく感じました。近頃 街を見ていると いろいろなお店が、開店したり閉店したり,壊されたり、ビルが建ったり,壊されたりと あまりに早くて、「時はなんと早く過ぎ去るのかと。」追いつけない気持ちになります。
Posted by DOI at 2006年05月10日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。