2006年04月30日

きりがない韓国

今日の朝のニュースを見てまたかといううんざりした気持ちになった。
分かりやすいので読売新聞から引用です。

 >韓国、竹島周辺で7月海洋調査…政府、説明求める方針<
 韓国政府が7月に、竹島周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)を含む日本海海域で、海洋調査の実施を計画していることが29日、分かった。

 関係者によると、調査は韓国海洋調査院が実施するもので、7月3日から17日にかけて、竹島付近の海域で海流観測を計画している。潮流、塩分、流速などを観測する予定で、対象海域の一部には日本のEEZも含まれている。4月21、22の両日、ソウルで行われた谷内正太郎外務次官と韓国外交通商省の柳明桓(ユ・ミョンファン)第1次官との協議でも、この調査について取り上げられたという。

 塩崎恭久外務副大臣が5月1、2の両日に訪韓し、潘基文(パン・ギムン)外交通商相らと会談する際や、5月中にも再開される日韓のEEZ境界画定交渉でも、日本側は調査について説明を求める方針だ。

 竹島周辺海域を巡っては、韓国が海底地形に韓国名の地名を提案する方針を示したため、日本も海洋調査を計画。折衝の末、双方が提案と調査をそれぞれ見送ることで合意した経緯がある。ただ、その後も盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が対日強硬策を盛り込んだ特別談話を発表するなど、依然としてぎくしゃくした状況が続いている。

(2006年4月30日4時18分 読売新聞)

韓国って下出にでるとつけ上がる国ですね。
日本はやはり海洋調査で妥協せずにしくしくと調査すべきだった。外務省の弱腰を見透かされてこんなバカにされたことになる。

ネットで捜していたら韓国の反日が日本人の想像を超えることが書いてあるサイトを見つけた。
 韓国は“なぜ”反日か?

かなりよく調べてある。

韓国の教育


posted by ぐっちー at 07:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 地球人のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐっちーさん紹介のところの記事を読むと,「なんだこれは!」という気持ちになります。日本の国旗を,その国の国旗に変える画像処理をしようかな,とも思います。それなら,その国の人たちも文句はつけにくいでしょう。
ただ,やはり,あまり感情的にならず,日本側の主張を途切れず続けるしかないです。
正義や真実は,それぞれの国で異なりますが,引かずに日本の信じる立場を主張するしかないです。
なんだか戦争の匂いもしてきそうで,最近は隣国ふたつの感情的な態度が気になります。
Posted by 陰丸 at 2006年05月01日 17:54
私も小中学生の時から 友人が韓国人に失礼な蔑称を言っても決して私はそんな言葉は言わない上品な人間です。
でも、最近の中国、韓国の行動は常軌を逸してる。この二つの国とは相手がまともな大人にならない限りムリ。日本はこれ以上譲歩する必要はない。

ただ陰丸さんといつも食い違う所は
>正義や真実は,それぞれの国で異なりますが

私がいつも言うように本当の正義と真実はただ一つ。

例えば,南京大虐殺はあったかなかったか?
こんなのはそれぞれの国で異ならない。天安門事件しかり、概して共産中国やいまだ民主主義の定着しない韓国に真実と言われるものにウソが多い。
だって、わたしが紹介したHPにも韓国政府の国民に対するでたらめぶりが載ってるではないですか?

物事(1つの事象について)に これも真実、あれも真実と言うことはない。人間にはどれが真実なのか分からなくても 厳然と真実は存在するものなのです。
私はそう思っています。
Posted by ぐっちー at 2006年05月02日 03:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

何が言いたいのか分かりません、潘基文さん
Excerpt:  「国際紛争地域という印象を与えずに独島の領有権を確実にする方法として、国際的な世論を喚起させる」って言っている時点で矛盾があることに気付かないのでしょうか。
Weblog: 新聞記事・ニュース批評@ブログ
Tracked: 2006-04-30 21:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。