2010年11月07日

尖閣中国船拿捕事件の未公開ビデオ映像 詳細解説が出た

まだ公開されていない海保隊員が中国船員に銛(モリ)で突かれて殺されそうになった映像の詳細解説が出てきた。
解説だけでなくもし、以下の様な映像そのものが公開されれば大騒ぎになると思われる。

その時までに内部告発者が捕まらないでほしい。
大新聞やTVは内部告発者がいかにも大犯罪を犯していてサイバークーデターだとの報道がおこなわれている。
国民が知りたい事を告発する内部告発者は善意の告発者であって、決して犯罪者では無い。
もし内部告発者が逮捕されたら国民世論を持って開放を叫ばなくてはいけない。
このブログのように、告発者が逮捕されにくくなるよう個々人が声を上げていかなければならない。

以下、真偽の所は不明だがビデオを見なければ分かりにくいようなところまで詳しく書かれているのには驚かされる。

★★★写 っ て な い 部 分 は ★★★

海保船舶が横付け。
海保職員が乗り込む。
その後、中国船舶が突如離船。
取り残された海保職員が中国人船員に飛び蹴りされて中国船舶から 海中に突き落とされる。
 
海に落ちた海保職員を潰すように、中国船舶が進路変更。
海保職員が必死に泳いで逃げるのを

 執 拗 に 銛 で 突 き 殺 そ う と す る 中 国 人 船 員。

海保船舶が海保職員を救出するため停船し救助に乗り出す。
その後ろから中国漁船が溺れる海保職員に乗り上げ、
海保職員が海の中に 沈んで見えなくなる。

その後、浮かび上がった海保職員は海保船舶に後部から担ぎ上げられる。
這い上がる海保職員めがけて数秒後に漁船が全速力で海保船舶の後部から 衝突し、
海保側の船体が大破。

----------------------------------------------

今まで公開されている映像は44分しかなく上記部分については謎である。
ビデオ映像は全部で10時間もあるようで、早く残りの映像の公開を待ちたい。
posted by ぐっちー at 18:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168611396

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。