2010年10月16日

ケーブルTVのJCOMから地デジの回答がきました。

私は総務省発表の地デジ普及率80数パーセントの数値に甚だ疑問に思うものです。前回ここ練馬地区で地デジアンテナがあがっている世帯の割合を個人的に調べたただサンプル数が少ないのであまり正確な値は出ない。
そのうちに母集団を200件位になればかなり正確な割合が求められる。
世帯数(母集団)の内UHFアンテナが東京タワーに向いている割合が約37%だった。

JCOMからの回答によるとデジタルのケーブルTVに加入割合は23%位なので総計60%でいどかそれ以下だろう。
posted by ぐっちー at 06:51| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家電製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
60%くらいは行ってるかもしれませんね。
Posted by LM at 2010年10月16日 10:57
私は総務省は明らかにウソをついています。
私の周りにさりげなく聞いて見ても普及率50%は越えている感じですがまだ多くの人が来年考えればと思っているようです。
私はTV好きなのでJCOMを10年前から加入しているので総務省の陰謀とは関係なく大分前からアナログTVで地デジとケーブルを見ていますがTVは1台を除きアナログです。
JCOMは来年アナログ放送終了後2年間はアナログ放送を続ける予定とのこと。
Posted by ぐっちー at 2010年10月19日 03:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。