2006年04月06日

時代はインドと弘兼憲史氏

時代はインドだ
今、モーニングに連載中の「常務 島耕作」は2005年は中国担当の取締役だったのだが、今年のモーニング15号からインドに行く。

作者の弘兼憲史氏は漫画家でありながらTVのコメンテイターなどもやり時代のニオイを感じ取る才能がある。
もちろん、最近マスコミにインドが取り上げられているのは事実だが 主人公の島耕作をいち早くインドに行かせてしまう強引さ、俺は時代を読む力があるんだと言う作者の厚かましさ それが弘兼憲史氏だ。

彼は「東京ラブストリー」の作者 柴門ふみの亭主でもある。
島耕作は今昔の恋人 大町久美子とタージマハールに向かった。
これから島耕作は中国に続き インドでも功績をあげ最後には社長島耕作になるのだろうか?これって究極のサラリーマン出世物語?

実は 私もインドに深い関心を持っている。友人のコヤくんがインド古典舞踊のバラタナティヤムが好きで毎年インドからバラタナティヤムの先生を招いてワークショップ(講演会)を開いている。
今年も5−6月ごるバラタナティヤムのワークショップが開かれる。

バラタナティヤム:ワークショップ
http://www007.upp.so-net.ne.jp/vasantha/

アイロンをかけるインド人

炭火アイロンをかけるインド人 日本にも炭火アイロンは有ったそうです。


posted by ぐっちー at 01:11| Comment(3) | TrackBack(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐっちーさん,止めて下さいよー,この漫画家夫妻は,うちから徒歩1分にいるのです。時々路上やセゾンなどで出会います。まぁ,このブログのことは知らないからいいようなものですが。
漫画の場合は小説と違って,私生活はあまり反映されないですから。

また,こやくんにとって,HP開設はうれしいことなんだろうか。どうも,困った顔のこやくんが思い浮かんでしまうんだけど……。まだHPにも変化はないようだし……。あの面倒なことの嫌いなこやくんは……。
Posted by 陰丸 at 2006年04月06日 08:55
冗談がきついかなとは思っていたので削除しておきました。そんなに多くの人に見られてる分けではありませんが、女子高生のうわさ話から愛知県の信金に取り付け騒ぎが起きたこともありますので今後この「ブログの品格」を傷つけないよう注意します。
彼は25年まえは成増に住んでいてまだ駆け出しだったらしくコピーをお弟子さんがうちの店に取りに来ていました。
でも、今よく考えるといくら25年前とはいえ弘兼憲史氏がコピー機を持っていないなんておかしいな?(当時、赤塚探偵事務所や課長島耕作はすでに描いて儲けていたはずなのに。)
ところで漫画家でも、弘兼憲史と柴門ふみとさくらももこは私生活をねたに描く漫画家なのです。
弘兼憲史も田舎から出てきて早稲田に入り松下電器に3年ほど勤めてから漫画家になっていますが島耕作も早稲田で初芝(東芝と松下を合わせたような会社)の宣伝部に配属になっています。柴門ふみさんとさくらももこも漫画家の中では自分のことをよくあっちこっちに書いているので私生活がよくしられた漫画家です。

インドのHP(あれはブログではないので)の変化がないのは こやくんがまだHP更新のやり方を知らないので更新できないのです。その内コヤくんの家に行くことになってます。
Posted by ぐっちー at 2006年04月06日 11:07
弘兼憲史・柴門ふみの漫画に関しては,ぐっちーさんの方が詳しいので,そうなのかもしれないと,今は思い始めております。

それと,そうか,こやくんのはHPなので,ブログとは勝手が違うので,戸惑っているだけか。では,近日中のHPの変化を期待しています。また,ロゴデザインとか地図などは,協力できますので,サイズや希望を言って下さい。私も練習になるので,お手伝いしつつ,こやくんと同時進行で,自分のHPを作ろうかな。
Posted by 陰丸 at 2006年04月06日 11:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。