2006年04月04日

カタクリと清水山憩いの森

カタクリはユリ科カタクリ属に属する多年草で 15cmくらいの茎に下向きの大きめの花をつける。関東地方では3月末から4月中旬まで花を咲かせ5月上旬には地下に鱗茎(りんけい)を残し葉や茎までが枯れてしまう。
3月から4月のわずかな間に光合成したでんぷんを地下の鱗茎に蓄える。本来の片栗粉はこのカタクリの鱗茎からでんぷんをとったものを言うが現在は馬鈴しょ澱粉を片栗粉として売っている。
そのカタクリの練馬区の群生地が清水山憩いの森である。練馬区大泉1−6

練馬区清水山憩いの森のカタクリ群生地(自生地)2010年3月最新レポート
http://earthian.seesaa.net/article/144206162.html


カタクリ



  


posted by ぐっちー at 01:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節の色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お,カタクリの花。去年はすっかり忘れていて,時期を逃してしましました。今年はぐっちーさんのブログの写真で,気づいたので間に合います。近日中に撮りに行きたいです。

このカタクリの花の撮影での注意は,時期は勿論ですが,時刻が大切です。朝早くはダメです。陽が昇ってから現場につくようにしないいけません。
朝早いと,カタクリの花は眠っていて,花が閉じています(^o^;)。私はこの失敗を過去に2度もしています。うなだれて,閉じている花を撮影するのは,巨乳のグラビアアイドルの,冬の厚手モコモコのパジャマ姿を撮っているようなものです。
Posted by 陰丸 at 2006年04月04日 08:30
カタクリの花、可憐できれいです。練馬はカタクリの群生地として有名みたいですね。ぐっちーさん、陰丸さんが毎年見に行っていると聞いて びっくりしました。時刻が大切なのですね。覚えておきます。
それにしても、“閉じている・・・”のたとえは う〜ん とっても残念!という意味なのですね!
Posted by DOI at 2006年04月05日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。