2010年04月04日

川越大師 喜多院の桜とお花見客、今が満開

お花見に土曜の午後遅く川越の喜多院に向かった。着いたのが4時半近くで境内の地図では右上にある明星駐車場に入った。

ここの駐車場は時間制で無く1回500円というシステムで5時くらいで終わりでそれ以降は入口とは反対側に出口を開けておくので勝手に出て行って欲しいとのことだった。

     クリックで拡大します。     

DSCF0434喜多院境内地図.jpg


明星駐車場から多宝塔の脇を歩き右に曲がって水屋の脇を通って慈恵堂(本殿)に向かった。


DSCF0369.jpg

駐車場の出入り口で小江戸川越の観光案内図があり川越大師喜多院の看板と胡麻修行の立て看板の間の道を入る。



DSCF0377.jpg


DSCF0374.jpg


北口からの参道。ここを抜けると右側に多宝塔とその奥に慈恵堂がある。


DSCF0381.jpg


左側はお花見の席と屋台が沢山でていた。

DSCF0388.jpg

右側の本殿側は酒席(花見席)はご遠慮下さいとのことでブルーシートは無かった。


DSCF0391.jpg

本殿は閉まっていたが、お賽銭箱はちゃんとあったのでお参りしてきた。


DSCF0394.jpg


多宝塔とさくら クリックして拡大後、大きな画面で鑑賞下さい。


DSCF0398.jpg


水屋とその奥に屋台が出てお花見の席に成っている。



DSCF0403.jpg


広場の右側の屋台。焼きそばが500円もして今一だった。


DSCF0405.jpg


B級グルメの「富士宮焼きそば」、ここの焼きそばにすれば良かった。
もう一つのB級グルメ宮崎名物「肉巻きおにぎり」もある。


DSCF0407.jpg


川越大師名物「厄除けだんご」ふかのと桜


DSCF0409.jpg


広場の中心方向を見る。


DSCF0413.jpg

小山の上に立つ慈眼堂から広場が見下ろせる。


DSCF0415.jpg


慈眼堂よりお花見広場を見下ろす。


DSCF0424.jpg


広場北側の屋台。


DSCF0428.jpg



五百羅漢(信仰の対象である500人の羅漢(阿羅漢(あらかん))


DSCF0431.jpg

突然西日が差してきた。その向うに山門が見える。




posted by ぐっちー at 03:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。