2010年03月30日

二番目にお勧めのデジカメFinePix F200EXRがあと少しで売り切れる

富士フイルム、デジカメFinePix F200EXRは現在日本で発売されているコンパクトデジカメでは最高の高感度を持っている(200g以下部門)

 写真はFUJIのFINEPIX F70EXR  一番おすすめ 10倍ズーム記事は
http://earthian.seesaa.net/article/144861263.html

FUJI F70EXR正面.jpg


下の写真は FinePixF200EXR 二番おすすめ 五倍ズームでこちらが超高感度

富士フィルムF200EXR.jpg



では、前回の記事で紹介したFUJIのFINEPIX F70EXRと比べFinePixF200EXRはどこが高性能なのか?

日本で売られているデジカメは小指の爪の半分以下の小さなCCDに1000万画素から1400万画素を詰め込んでいる。
同じ面積のCCDに画素数を多くすればするほど配線部分が多くなり受光部分の面積が小さくなることをデジカメ購入者の多くが知らず画素数の多い物を買ってしまう。
現在の日本のデジカメにCCDサイズは1/2.5型から1/2.2型で分母が大きいほど小さなCCDである。

CCDイメージセンサ (Charge Coupled Device Image Sensor)
http://ja.wikipedia.org/wiki/CCD%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5


CCD_SIZE.png


ところがFinePix F200EXRに採用されているCCDのサイズはコンパクトデジカメ中最大の1/1.6型である。もちろん1眼デジカメにはかなわないが、そこをフジはハニカムCCDにして受光面積の効率化を図りISO12800の超高感度に仕上げてある。

このISO12800は3月28日の記事のFINEPIX F70EXRと同じではあるが高感度特性はF200EXRの方が優れている。

ではなぜF70EXRを一番にしてこちらのF200EXRを二番にしたかと言うと私のデジカメ用途が鳥をとることがあるので10倍ズームを使うことがありF70EXRを一番にした。

室内での子供撮りならばF200EXRの5倍ズームで十分だろう。

ただF70EXRに比べF200EXRの方が人気があるのか15800円の価格の為か急速に在庫が無くなってきている。
私がF70EXRを買ったアマゾンでは売り切れだ、15800円はデジカメの修理代程度なので予備にまたは奥さん用に買っておくのも良いかもしれない。
このカメラ(70&200EXR)は「EXR AUTO」モードにすればだれがどこでどの時間帯でも美しくとれ、失敗が無い。

スペックは
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixf200exr/index.html


今日の練馬からの富士山 F70EXRの10倍ズーム リサイズ、コントラスト補正


DSCF0190-2.6度コント.jpg



posted by ぐっちー at 18:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。