2010年03月11日

イルカ漁を記録した「ザ・コーヴ」、第82回アカデミー長編ドキュメンタリー賞獲得

世界中から白い目で見られるのに、くじらより美味しくないイルカをあえて食べる必要があるのか?
イルカはクジラより不味くてかなりくさいそうです。
和歌山県太地町など日本のごく一部に限る食生活(文化とは言わない)を日本人の食文化と言われては多くの日本人が多大な迷惑を受けている。

イルカ~2.jpg


第82回アカデミー賞では、米映画「ザ・コーヴ」が長編ドキュメンタリー賞を受賞した。和歌山県太地町のイルカ漁を記録したこの映画は、製作陣が望む、日本での一般公開に向けて大きく前進したことになる。

米誌ナショナル・ジオグラフィックの元カメラマン、ルイ・サホイヤス氏が監督したこの映画は、日本国内では昨年10月に東京国際映画祭で1度上映されたが、太地町の抗議により、通常の映画館での上映は見合わされてきた。太地町関係者は、許可を得ずに町民を撮影しており、名誉棄損に相当するとして、国内配給会社アンプラグドにこの映画の取り扱いを中止するよう要請している。

 アンプラグドは8日、同町の了解を得ようと得まいと、5月か6月に上映する計画を立てている、と明らかにした。同社によれば、東京の独立系映画館が上映にすでに合意し、アカデミー賞の受賞で、さらに多くの映画館が上映に踏み切る可能性がある。サホイヤス監督はインタビューで、今回の受賞が日本の観客の獲得につながることを期待している、と語った。

撮影の際にイルカ漁を隠し撮りされた古式捕鯨発祥の地、和歌山県太地町の三軒一高(サンゲン カズタカ)町長は「イルカ漁は何ら違法ではない。地域の伝統や実情を理解した上で、相互に食文化を尊重する精神が必要だ」と話した。

私はこの映画を見ていないので日本人がどう描かれているかわからないが、このバカ町長が言う日本人にイルカを食べる食習慣なんてないぞ。
イルカを食べたことのある日本人は人口比でどのくらいなのだろう?調べてもわからなかったが和歌山県太地町以外には静岡県東部、三陸の一部などだが、最近はそれらの地域でも若い年齢層は食べなくなっている。
三軒一高町長は「イルカ漁は何ら違法ではない。」と言っているが違法ではなくても食べて良い訳ではない。
日本のマスコミは一様に太地町擁護に回っているのが私には解せない。マスコミの内数社でもイルカ漁反対の立場があってもおかしくないのだが。TVのコメンテイターまでもがまったくイルカ漁に反対する意見が出ないのが不気味だ。

日本で野良ネコや野良犬狩りをして食べて捕まらないのだろうか?矢鴨だって鴨を狙っただけで世間から十分非難の的。

イルカを殺している映像を見た事があるが十分残虐だ。

以下の動画を見てほしい。イルカに謝りたい。

Save Japan Dolphins





Japan's dolphin genocide









posted by ぐっちー at 00:45| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | CM 芸能 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「頭が良い動物を殺してはならない」というのは危険な考えですよ。
それはつまり頭が悪い動物は殺しても良いと言っているわけですから。

頭が良い動物を「白人」
頭が悪い動物を「黒人」と読み替えてみてください。

「文明化されていない黒人どもを殺すことに何の問題があるのだ?」と
当然のように言われていた時代から何も進化していません。
事実、イルカを「名誉白人」と呼ぶ風潮すら見かけられます。

イルカ漁問題を語るなら、
その根底には根深い人種差別の意識があることは頭に入れておくべきだと思います。

画像を牛に変えてみてはどうですか?
Posted by 偽善者キラー at 2013年07月11日 08:37
なんで人口比で考えるんだ?
鹿や野生の猪でも考えるのか?
河豚の卵巣粕漬けとかでも考えるか?
ユムシ食ってる地域とか知ってるか?
サメ肉も調理されて食ってる地域があるぞ。
カマボコにしかならないと思ってそうだな。
食べる量が少ないと日本人の食文化にならないのか?

法に引っかからなければ食べていいよ。
日本語わかるんならwebだけでもちゃんと調べたらわかることだよ。
Posted by 珍味大好き at 2013年11月03日 16:06
「鯨を食うな」と言うのならば、牛や豚も食うな。更に植物や菌類も生物であるから、それも食うな。つまり、貴方は塩水のみで生きねばならない。しかし、人間は残酷であるから無理だ。当然貴方にも無理だ。もう少し調べてみてはいかがだろうか。
Posted by 反「危険思想」 at 2015年04月25日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。