2010年02月14日

女性秘書『恫喝』10時間の民野健治検事ネットで話題

私は昔から週刊文春と週刊新潮の読者で毎週欠かしたことが有りませんが、今回3回連続で週刊朝日を買ってしまいました。

今後は文春、新潮だけでなく週刊朝日とサンデー毎日を買わなくてはいけない。
日刊ゲンダイも骨のある検察批判を続けている。週刊ポストも最近は検察批判に傾いている。それに対して週刊現代は検察のポチだ

今回の小沢報道に関しては文春、新潮はなさけない。あまりに検察よりの報道しか出来なかったことを恥じてほしい。

一般紙やTVでは報道されないので知らない方が多いと思います。
まずは週刊朝日2/12号「子ども”人質”に女性秘書『恫喝』10時間の民野健治」から引用します。

----------------------------------------------------------
週刊朝日2/12号「子ども”人質”に女性秘書『恫喝』10時間の民野健治

女性秘書は1月26日(火)昼ごろ、石川事務所に「タミノ」と名乗る男から電話があり、女性秘書に「押収品の返却があるので取りに来て欲しい」との連絡を受けた。
女性秘書は石川議員逮捕以来、2度検察庁から呼び出しを受け、「押収品」の返却に応じていたので今回も同様だと思い、コートも着ず、大急ぎで地検へ向かった。

ところが、検察庁につくと前回とは違う部屋に案内され、民野健治という検事が待っいていきなり「被疑者として呼んだ。あなたには黙秘権があるので行使することができる。・・・」と言われ女性秘書は事情が把握できず、他の秘書か弁護士に連絡したい旨を告げたが民野検事はそれを無視して、逆に携帯電話の電源を切るように命じ、目の前でスイッチをオフさせた、それが昼の1時45分。




クリックで動画が見られます。


任意の事情聴取は、文字通り「任意」である。被疑者であろうが、参考人であろうが、当事者の同意が必要なのはいうまでもない。
仮に、拒否してもその場を立ち去っても問題ない。拒否も国民の当然の権利である。

ところが今回のだまし討ち監禁は、そうした意向を問うことなくスタートしている。
民野検事は、女性秘書に、小沢幹事長と石川議員が「共謀」していたことを認めるように迫り続けたという。

しかし、小沢事務所と何の関係もない女性秘書が、そんなことを知るはずがない。それでも検事は、「いいんだよ、何でもいいから認めればいいんだよ」「早く帰りたいなら、早く認めて楽になれよ」「なんで自分を守ろうとしないの。石川をかばってどうするの」と責め続けたというから異常だ。

3歳と5歳の子供を抱える女性秘書は、保育園に迎えにいかなくてはならない。少なくとも、保育園の閉まる午後7時までには、夫など誰かに迎えを頼む必要がある。
検事に「保育園に行かせてください。その後、また戻ってきます。せめて電話だけでも入れさせて下さい」と、繰り返し懇願した。

それに対して民野検事が放った言葉がこれだったという。「なに言っちゃってんの。そんなに人生、甘くないでしょ」という台詞だったという。
この若い母親はこの拷問的取り調べの最中、外部に連絡させて貰えないのでパニック状態に陥り、手が震え、過呼吸症候群に陥った。

女性秘書が解放されたのは、午後10時45 分。結局、押収品も返却されなかったという。

石川事務所の家宅捜索が、大問題になり始めている。
特捜部の事務官7人が午後4時45分、永田町の議員会館の石川事務所に乗り込み、内側から鍵をかけて占拠した。

ところが、この時、事務官は捜索令状を持っていなかったという。30分後、後から来た検事が捜索令状を示したが、令状もない状態で、議員事務所を占拠するのは、明らかな違法行為だ。違法な手法で行われた捜査は、立件できない可能性が高い。

さらに、問題になっているのが、事件と関係ない石川議員の女性秘書を10時間近くも「拘束」した。さすがに10時間にわたる女性秘書に対する取り調べは、鈴木宗男議員がブログで取り上げ、民主党の辻恵議員もテレビで問題にした。
捜索令状がないのに事務所を占拠したこととあわせ、いずれ、国会で問題になることは、確実だ。また、そうした批判をかわすためにも、検察は「別件」で石川議員を再逮捕する必要があるとみられているのだ。

検察は、石川議員を本人の『政治資金規正法違反』で再逮捕する方針だ。一部新聞が『400万円分の事務所費と車代提供が不記載』と小さく報じた一件。

女性秘書は石川議員の資金管理団体の事務担当者をしている。女性も一緒に逮捕してしまえば、10時間の取り調べ問題もウヤムヤにできるわけだ。

-----------------------------------------------------------

こんなでたらめが公然と行われていても一般紙やTV報道だけを見ていても全く報道されない。

私はネットだけでなくコンビニを情報源としている。毎週近所のローソンかセブンイレブンで文春、新潮を買う。
その際火曜日に出ている週刊朝日とサンデー毎日の目次をチェック、時に購入している。
毎日日刊ゲンダイとフジの表紙も何気なくチェック。

それだけで今回の小沢潰しは十分情報を仕入れることができる。

あとは2ちゃんねるのニュース+板、科学ニュース、地球科学、天文・気象、経済、政治板、の主要スレをチェックすれば完璧だ。

今はネットの人気者民野健治さんの「なに言っちゃってんの。そんなに人生、甘くないでしょ」という台詞が話題になり、2ちゃんねるでも大注目ですごいタイトルのスレが立っている。

でも上のセリフが本当なら女性の敵No1検事の称号が付き民野極悪検事の汚名は自業自得と言えるだろう。

議員・選挙板では
東京地検検事、民野健治を証人喚問しろ!

裁判・司法板ではもっと過激だ。ここまで言うとスレ主を心配してしまう。
民野健治・東京地検検事は生きる資格があるのか?

現状での日本女性の敵NO1は「そんなに人生、甘くないでしょ。120円払って下さい」民野健治なる卑劣極まる人権感覚ゼロの検察官に決定
http://onsen-kabumasa.cocolog-nifty.com/okirakunikki/2010/02/no1-a807.html


ネットには民野健治さんの顔写真もあった。ネットはすごい。

民野健治検事111.jpg

多分外務省との省庁の人材交流でドイツに外交官として派遣されていた時のものだろう。
  左から3人目


民野検事さんネットで書かれていることと事実が違うと言う反論があるならこの女性秘書の言い分と事実は違うと言う証拠を出すべきです。

多分取り調べを録画したテープがあるのでしょう?
それを出して反論して下さい。それが一番早い。

逆に民野健治さんあなたが本当に罪を犯したならばここは素直にこの女性秘書の方に心から謝るべきです。そうすれば許されるでしょう。


posted by ぐっちー at 03:30| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本件は検察が民主党議員が関わっているぞと国民を騙して、民主党のイメージダウンを図るために、何の関係もない人をでっち上げで有罪にしようとした極めて悪質な事件です。
障害者郵便悪用事件の前田検事も「検察は自民党支持者ばかりだ」(逃げられないぞ)と陥れようとした民主党議員に言っていたそうで、西松のときも調べれば明らかに有罪の自民党議員が2桁居たのに手を着けずに小沢氏のみを集中して(前田検事も小沢秘書担当)攻撃したものです。
民主党を陥れるために関係ない人をでっち上げで有罪にしようとするないし、無罪になっても疑惑が残るように仕向ける(こちらがメインか?)
薄汚い特捜部に反吐が出る
Posted by ただの人 at 2010年09月24日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141070476

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。