2010年02月04日

東京地検、週刊朝日に抗議 ○鶴最高検検事実名報道に怒る。

ここのところ毎週のように検察批判の記事を大きく掲載している「週刊朝日」(朝日新聞出版)の記事をめぐり、東京地検が編集部側に抗議し山口一臣「週刊朝日」編集長の検察への「本日出頭を要請」週刊朝日側は出張を理由にひとまず断った。(出頭はせざるおえないらしい)

掲載された記事を執筆したジャーナリストの上杉隆さんが、ツイッターで出頭方法を募集するなどしたため、騒ぎが広がっている。

検察ははじめは記事に「虚偽の点がある」との抗議だったがどうも週刊朝日の2/5号に最高検検事の実名を載せたのがカチンときたらしい。
最高検検事のOMさんの実名報道と顔写真は「捜査妨害だ!」と検察は激怒。

午前中、検察から週刊朝日に対して、文書が届き、すぐに来てくれ、捜査妨害だ、話を聞きたいと。明白な出頭要請があった。

この出頭要請情報は、たちまち外部にも流れたが、これに対して、検察は記者クラブを通じて、朝日新聞本社に圧力。なんと朝日新聞本社は、この圧力に屈して、週刊朝日編集部トップに対し、抗議文が来たことだけにして、出頭要請は伏せろと指示した。

本社の圧力に対して、週刊朝日編集部トップは抵抗したが、本社側の強い圧力に押し切られた。編集部の平部員や、外部に対しては、出頭要請はなかった、抗議文だけだったということにして、山口編集長は、明日、出頭することになるという。

山口編集長は明日出頭したらその場で逮捕されてしまうのだろうか?

もうここまで来ると言論弾圧としかいえない。検察以外のいかなる機関個人も気に入らないことが有っても「おまえ ちょっと来い」なんていうだろうか?

暴力団やビートたけしでさえも出版社には抗議にでむくのが普通。

私も検察が怖いので実名は書けないが鳥の名前が入っている大O検事が陣頭指揮をとっているらしい。


DSCN1419-s.jpg

クリックで拡大します。(週刊朝日 2・5号)拡大すれば少しは解るかも?

週刊朝日によると関係者の言葉として「小沢はなにがあっても必ずやるよ。強硬派筆頭のOM最高検検事さんは『証拠はそろった。あとは何でやるかだ』と話している・・・脱税だってできるからね・・・」

「いま捜査の指揮棒を振っているのは、特捜部長の佐々木TさんでなくOMさん、OMさんは本気だから・・・」

詳しくは週刊朝日2/5号を図書館あたりで探してほしい。

個人のブログまで検察の力を気にしなくてはいけないなんて検察特捜は強大な力を持っている。

ここは中国か?

ツイッターでも皆さん呼び出されないように慎重に検事の実名なしで呟いている。
これはとても怖いことだ。日本は何時からこんなことになったのだろうか?

追伸 2月4日夜、小沢クン等々不起訴になりました。石川議員をはじめ秘書二人は起訴決定。

検察は狙ってやっていないなど佐々木特捜部長が顔だしでTVに出ていた。
どう、弁解してもこの1年間小沢クンばかり狙っていただろう。
今後は自民党議員も起訴なければば検察の正義はやっぱりなかったと言わざる終えない。

検察の正義なんて元々幻想。検事の出世欲だけがあるだけ。

私に出頭要請が来ませんように!


posted by ぐっちー at 04:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140189557

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。