2010年02月03日

小沢一郎の運命と暴走検察(でも不起訴?)

2月1日の定例会見で小沢幹事長の態度が心なしか弱気に思えた。
その定例会見で、東京地検特捜部から2度目の小沢氏の事情聴取が明らかになった。

会見の中で今までの強気の態度が消え「私自身(小沢)の刑事責任を問われるようなれば非常に責任は重いと思う」と発言。
これは、まるで刑事責任を認めたようなもの。こんな発言は小沢クンらしくない。私はやったことはやったと認めるタイプだが、小沢クンなら突っぱねなくてはいけない。


小沢の苦悩10.02.01.jpg


2度目の聴取でよほど痛いところを突かれたか、幹事長辞任などの取引をしたのか何か検察と全面対決を避けているそぶりだ。

と書いている間にどうも取引があったようだ。TV(フジテレビ2月2日深夜)のニュースでまた検察のリークが流れた。

フジTVによると石川議員は立件されるが小沢幹事長は不起訴になったとのリークだ。
4日の検察発表前にこんなリークが流れて良いのか?至急ネットで検索してみた。

-------------------------------------------------------------------

東京地検、小沢氏不起訴で最終検討
2月3日0時9分配信 TBS


 この事件をめぐっては、収支報告書に嘘の記載をしたとして石川知裕容疑者ら3人が逮捕されています。3人は調べに対し、いずれも小沢幹事長の直接的な関与を否定しているもようです。

 特捜部は最高検などと協議を行っていますが、現状では小沢幹事長の関与を立証するのは困難として、小沢幹事長について不起訴処分とする方向で最終的に検討してるということです。

 小沢幹事長を不起訴処分とすることについては、検察内部で一部、異論も出ているということで、特捜部では3人が拘置期限を迎える4日をめどに最終的な判断をする見通しです。(02日23:53) 最終更新:2月3日0時48分

--------------------------------------------------------------------
でも、このリーク何を意味するのか?

まあ、これで少なくとも検察の大暴走は明らかになった。。

検察は始めから確かな証拠を持って小沢氏取り調べ始めた訳でなく石川議員や私が前に書いたように石川議員の女性秘書などを拷問同様に詰問して偽の自白に追い詰め小沢氏を起訴しようとしていた訳だ。

ただ、今後検察との取引があって小沢氏が政治資金収支報告書の不記載で不起訴になった事の身代わりに幹事長職を止めることになっているのか?
記者会見の時の小沢氏の浮かない顔つきが気になる所だ。

これで、西松建設、水谷建設からの裏金疑惑、土地取引の代金の出所等すべて検察の敗北だがはたしてこのままで終わるのか?
もしかすると検察は小沢氏を脱税で起訴しようとしているのかもしれない。
ここは大金を動かしている小沢氏の弱点でありアキレス腱でもある。

石川議員が起訴されたあと責任を取って小沢氏が幹事長をやめるか、やめないかで検察との取引があったかがわかる。

posted by ぐっちー at 02:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。