2008年11月20日

プレオープン にぎり長次郎

19日にプレオープンてなに? 19日に「20日グランドオープン」のチラシが入っていた。
チラシには19日プレオープンのことは全く書いていない。
ということは、プレオープンは店の前の告知だけ?


長次郎3



それでどんだけ客が入るんだ?と言う疑問で早速昼の12時半に出かけた。店内はまだ半分くらい
しかお客はいなかったが食べている間にも少しずつ席が埋まってきた。
隣には老婦人と40位の息子とおぼしき客が座った。
レンズが飛び出さないニコンS50Cで店内を写すチャンスを狙ったが目の前に店員とベルトコンベアの調子を
見ている作業員が居て食べ終わった皿しか写せなっかった。


長次郎3000

11皿食べて3000円ちょっと プレオープンは1割引だそうだ。
そうだろうね、練習みたいっだったものね。目の前にベルトコンベア
を調整している男の頭が出たり入ったり。
今思えば場所を変えて貰っても良かったと思う。

長次郎4


会計時には粗品のティーバックをくれたがやはり粗品だったかな?。
店内のティーバックと同じような違うような?
飲んだら無くなるようなティーバックより大きな寿司屋の店名入りの湯飲みがほしかった。
ほしがらない人も多いと思うけれど。

チラシと粗品



posted by ぐっちー at 04:58| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐっちーさん,早速新規開店のお寿司屋さんへ行ったのですね。
珍しいネタとかはありましたか? 活魚とあるので,水槽から出してさばいたりも見ることができるのかなぁー。

寿司屋の大きな湯飲みで飲むお茶は,なぜか美味しいです。
うちも昔は「清水次郎長一家28人集」の名前の入った,大きなのがありました。趣味が悪いといえば悪いけど,沢山食べて沢山お茶を豪快に飲むのが快感でした。
いやっ,お寿司はそんなに沢山でなかったかな(^o^;)。
こういう時のお茶は,粉茶とかあまりいいのでない方がいいです。
Posted by 陰丸 at 2008年11月20日 17:42
陰丸さん 水槽には鰺と鰤のような魚がいましたがそこから取り出してさばくようなことは
有りませんでした。

偽善と言われるかもしれませんが、わたしは刺身は食べる癖に生きている魚を目の前で
さばかかれると食べられなくなってしまいます。
死んだマグロの解体ショーは平気です。(すでに死んでいるから)

もちろん 魚の活き作りでまだ頭としっぽが生きているのTVなどでタレントの女の子が
「わぁー新鮮美味しそう」などと言っているのが信じられません。
若い女の子って残酷なんだといつも思って見てしまう。
Posted by ぐっちー at 2008年11月24日 07:59
寿司屋のベテランの職人も,「魚はしめてすぐは美味しくない」と言ってました。
ネタによって時間の違いはあるでしょうが,しめてしばらく置いた方がうま味が増してくるそうです。

私もアジの活き作りなどで,ピクピクしているのはいやです。活きアワビの網焼きもかなりの残酷ショーですよね。オカクズに入った活きエビももらってもうれしくありません。
が,人間が生き物を殺して食べている事実は,時々は意識した方がいいのかもしれません。

テレビの若い女性のタレントの中にも,活き作りは苦手でも,それを表情に出すと仕事が来なくなるので,我慢してやっている人も多いと思います。

これまで自分一人が生き続けていることで,約何匹の動物の命をもらっているのでしょうか? 考えたことがなかったなぁー。
Posted by 陰丸 at 2008年11月25日 08:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。