2008年11月16日

八坂神社と中里富士

練馬区大泉町1丁目の八坂神社は埼玉県の旧橋戸村の鎮守さまで祭神は
須佐之男命だそうだ。
年代は不明だが、京都八坂神社の分霊を勧請(カンジョウ)して創建された。
祇園精舎の守護神は牛頭天皇ですが、このあたりを中里と言ったので
村民からは「中里の天皇様」と親しまれて来たそうです。(案内板より)

八坂神社入口2

八坂神社の鳥居

鳥居

八坂神社本殿

八坂神社

中里富士塚のふもとにある案内
 
中里富士案内1


中里富士来歴

中里富士案内2

中里富士山頂より南方を望む。

中里富士山頂より





posted by ぐっちー at 08:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおっ,八坂神社だ! 中里富士という人造の山には気づきませんでした。
一番下の写真を見ると,思ったより高い位置にあるんですね。
Posted by 陰丸 at 2008年11月17日 08:36
中里富士の高さは裏の道路からは8メートルくらい。表からは14−15メートル
くらいでしょうか。
山頂から見える南側に白子川が流れているので八坂神社よりさらに7−8メートル
くらいの高低差があります。
Posted by ぐっちー at 2008年11月19日 07:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。