2008年06月18日

副都心線 6月14日

成増

副都心線が開業した。6月14日(土曜)に成増から副都心線に乗って渋谷に行って来た。

車両1

副都心線の新型車両。

車両2

乗った車両は新型車両ではなかった

ドアの上

中吊りに本日6月14日とある。


中吊り

確かここは小竹向原でここで有楽町線と分かれる。

電光掲示板

千川の駅と要町の駅は有楽町線の下の地下3Fだそうだ。
池袋も有楽町線の池袋とは離れていて昔の新線池袋のホームだ

ドア上の路線図1

渋谷のホームはカメラを持っている人でいっぱいだった。

渋谷のホーム

副都心線は一番深いホームだ

渋谷のホーム図

posted by ぐっちー at 01:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
電車内部もきれに撮れていて,様子がよく分かります。
大江戸線のように,電車内は高さがないのかと思っていたら,
1枚目の写真を見る限りでは,そうでもないようです。
でも,最後の写真のように,かなり地下の降りないと,
ホームまで行けないんだ。
Posted by 陰丸 at 2008年06月18日 16:18
開業日の14日(土曜日)はかなり混乱していて何回かホームで時間待ちしました。
帰りに成増駅で駅員さんに聞いて確認したところ

 それぞれ複線       つまり複々線       複線
和光市← →小竹向原(登り下りの複線)←→池袋← →新宿・渋谷方面
江古田← →小竹向原(登り下りの複線)←→池袋← →新木場方面

つまり線路の本数はつじつまがあっているのだがすべて小竹向原で複雑に交差するので小竹向原で時間待ちをしなければならない。
私は降りてはないが千川と要町は駅が違うそうだ。
有楽町線の2駅はB2(地下2階)にあり副都心線の2駅はB3にあるそうだ。

和光市から来た車両が渋谷に向かえばそれは副都心線。
和光市から来た車両が新木場に向かえばそれは有楽町線

江古田から来た車両が渋谷に向かえばそれは副都心線。
江古田から来た車両が新木場に向かえばそれは有楽町線


その内、有楽町線、副都心線が複雑に交差する小竹向原では追突の可能性が高まるので前後2車両は避けよう。
Posted by ぐっちー at 2008年06月20日 15:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100882821

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。