2011年04月06日

どう考えても計算が合わない東京電力の計画停電

福島第一原発全景

まず、東京電力のホームページを見てみよう。

東京電力の原子力設備を一目で見ると?http://www.tepco.co.jp/nu/torikumi/nuclearlibrary/facilities/facilities01-j.html

トップページ > 原子力 > 情報公開のとりくみ > 東京電力の原子力データライブラリ
の中の「東京電力の原子力設備を一目で見ると?」このページには東京電力の発電設備出力の原子力、水力、火力の割合が2009年の実績と2019年の計画が表になっている。
(自分で上のサイトで確かめて下さい。)

________2009年度末実績______2019年度末計画   (万kW)
原子力____1,819 (23)________2,280 (27)
水力______1,464 (19)________1,512 (18)
火力______4,486 (58)________4,663 (55)
新エネ________4 ( 0)_________ 52 ( 0)
合計______7,769 (100)_______8,460 (100)  (万kW)

この表から読み取れることは火力発電所の総出力だけで今日4月6日の4000万kwは軽く超えるだろうことは小学生でも読み取れる。
これが東電に対する重大な疑惑だ。4大新聞やTV局がこの点がオカシイと何故追及しないのか?大新聞やTV局はこんな簡単な表も読めない?サイトから探し出せない?

昔ならネットがないので、私がすぐは上に資料を得るのに苦労したことだろうが、今では誰でも、そして、すぐに原子力、水力、火力、新エネの東京電力の発電設備を簡単に知ることができる。
この表から読み取れることは2009年の実績と2019年の計画では火力、水力とも微増の計画なので東電のホームページには2011年が載っていないが当然、火力4500万kw前後、水力は1500万kw前後有ると思われる。
地震による発電所の影響はホームページのプレスリリース3月12日にある。

http://www.tepco.co.jp/cc/press/11031213-j.html

福島第一、第二原子力発電所が動いてないが、柏崎刈羽原子力発電所 1、5、6、7号機は通常運転中
それぞれ、110kw X 2 =220kw 6、7号機は 135kwx2=270kw 220+270=490kw
が現在の原子力発電による能力であるが、現在止まっている下記の表の                                           
     1号機 2号機 3号機 4号機 5号機 6号機 7号機
出力(万kW) 110 110 110 110 110 135.6 135.6

2、3,4号機の内  2台を動かせば 後,220万kwは発電できる。

   490万kw+220万kw=710万kw は原子力でまかなえる。

では あと水力と火力はどうなっているのだろう

----------------------------------------------------------------------
地震直後3月11日 午後6時  プレスリリース 東電ホームページより
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11031103-j.html

【原子力発電所】
・福島第一原子力発電所 1〜3号機 地震により停止中
             (4〜6号機は定期検査中)
・福島第二原子力発電所 1〜4号機 地震により停止中
・柏崎刈羽原子力発電所 1、5、6、7号機は通常運転中
             (2〜4号機は定期検査中)
※なお、いずれの原子力発電所においても、放射線を監視している排気筒モニタま
 たはモニタリングカーによる調査データでは、通常値と変わっておりません。

【火力発電所】
・広野火力発電所   2、4号機 地震により停止中
・常陸那珂火力発電所 1号機 地震により停止中
・鹿島火力発電所   2、3、5、6号機 地震により停止
・千葉火力発電所   2号1軸 地震により停止
・横浜火力発電所   8号4軸 地震により停止しておりましたが、午後5時28
           分に運転を再開
・大井火力発電所   2、3、 地震により停止中
・五井火力発電所   4号機 地震により停止中

【水力発電所】
・福島県内で14発電所、栃木県内で3発電所、山梨県内で5発電所、群馬県内で1
 発電所が地震により停止中

【流通設備等への影響】
(地震により、当社の変電所は8カ所が停止中)
・那珂変電所 地震により停止中
・新茂木変電所 地震により停止中
・常磐変電所 地震により停止中
・茨城変電所 地震により停止中
・石岡変電所 地震により停止中
・西水戸変電所 地震により停止中
・河内変電所 地震により停止中
・芳賀変電所 地震により停止中

-----------------------------------------------------------------------
現在
4月5日 午後4時 プレスリリース
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11040506-j.html
現在、
・柏崎刈羽原子力発電所 1、5、6、7号機は通常運転中
 (2〜4号機は定期検査中)

【火力発電所】
・広野火力発電所 2、4号機 地震により停止中 
         総発電量380万kw 中 2号機70万kw 4号115万kw
  70+115=185万kw


・常陸那珂火力発電所 1号機 地震により停止中    1号機    
             100万kw


・鹿島火力発電所 2、3、5、6号機 地震により停止中
  2-3号機70万kw x 2=140 5-6号機 115万kw X 2=230
     140+230= 370万kw

185+100+370=655万kwが現在火力のみの不足分
【水力発電所】
・電気の供給については、すべて復旧済み (ただし、設備損傷箇所については、適時対応中)


【流通設備等への影響】
・電気の供給については、すべて復旧済み
 (ただし、設備損傷箇所については、適時対応中)

185+100+370 = 655万kw の火力発電所が現在復旧していない。


火力発電 4500万kw-655万kw = 3845万kw
水力は被害なしなので     +  1500万kw
-----------------------------------------------
__                    5300万kw
火力発電所はニュースでも1回も内部の壊れた様子が流れないのでニュースに成るほどの破壊は火力は起きなかったようなので夏までに655万kwが復旧すれば   5955万kw
今動いている柏崎刈羽で490万kw 6445万kw    

6000万kw オーバーの発電設備があってなぜ計画停電しなければならない理由を東京電力は詳しく説明すべきだろう。

参考 東京電力の火力発電設備
http://www.tepco.co.jp/tp/list/index-j.html

2009年時点で下記のように 7769万kwの発電能力があったのだから原子力発電所のうち福島第一と第二だけが使えなくなったのだから引き算で1000万kw引いても6700万kw つまり2009年度の発電能力から壊れた2か所の福島の原発を引いても、逆に稼働可能な原子力、火力、水力を足しても同じ6000万kw オーバーはある。
東電の計画停電には明らかに説明不足がある。今日、東電に私の計算をぶつけてみたい。

もし、可能なのに故意に停電を仕掛けているならそれは許せないことだ。

2009年度末実績
原子力 1,819 (23)
水力 1,464 (19)
火力 4,486 (58)
新エネ    4 ( 0)   
合計 7,769 (100)   (万kW)
=============================================================
4月8日付 追加の記事ですぜひお読みください。
コメント欄に4月8日にこのブログに良い質問があったので答えておきました。
------------------------------------------------------------------------------

●ななしさんから質問

水力発電所の発電量が大きすぎる気がしますが、
「最大」発電量で計算していませんか?
たとえば新高瀬川発電所は最大134万kW以上の発電能力を持っていますが、年間実績は9億kWhで、
単純計算すると平均10万kW程度の発電能力しかありません。
揚水式発電は本当のピーク数時間をカバーする目的で作ってあり、根本的な電力不足にはあまり役に立ちません。
Posted by ななし at 2011年04月08日 12:14
----------------------------------------------------------------------
●とおりすがりさんから私の主張への応援コメント

>平均10万kW程度の発電能力しかありません

年間実績は揚水時電力を差し引いてるんですかね?

元々コンデンサーとして作られているんでしょうから目的には合致してるんじゃないでしょうか
Posted by とおりすがり at 2011年04月08日 15:11
-------------------------------------------------------------------

以下私の解答

>水力発電所の発電量が大きすぎる気がしますが、
>「最大」発電量で計算していませんか?

ななしさんの疑問に答えますね。私があげた水力の発電設備は他社受電分を含んでいます。
http://www.tepco.co.jp/nu/torikumi/nuclearlibrary/facilities/facilities01-j.html

ななしさん言う少ない発電量の数値は認可出力で株主向けIRにその資料があります。
http://www.tepco.co.jp/company/corp-com/annai/shiryou/suuhyou/pdf/suh03-j.pdf
多くのマスコミがこちらの数値を東電から報告され鵜呑みにして現在の節電騒ぎに成っています。
夏は少しは切迫するかも知れませんが現在は電力は十分余っています。

2009年度実績(他社受電を含)   認可出力(東電の自社分)
原子力 1,819 (23)            1,730万kw
水力  1,464 (19)              898
火力  4,486 (58)             3,820

水力の差 560万kwがななしさんが引っ掛る部分なのでしょう。
その前に他社受電と融通電力量の違いを説明しますね。
他社受電分は住友金属や日本製鉄などと東電が共同出資した君津共同火力発電所などのように
共同が付く発電所とJ-POWER(電源開発株式会社)の持っている火力発電所などを言います。

融通電力は東北電力や北陸、中部電力からまさに融通してもらう電力で上の2009年実績分
には入りません。

今回ななしさんが気に成る水力の差560万kw はほとんどJ-POWERの水力発電所です。

あと ななしさんが知っててあえて言っている様に思えるのですが

>単純計算すると平均10万kW程度の発電能力しかありません。
単純計算してはいけません。ななしさんならご存じだと思えるのですが原子力と火力を
ベースとしてピーク時に水力を使うのですからならしてしまうのは本来意味を持ちません。

とおりすがりさんの言われる通り揚水時の水力はコンデンサーの役目でしょうね。
揚水発電は本来貯められない電力をピークに備えて貯められるわけですから。

ふと思ったのですがななしさんは東電関係者? もし東電関係者でも今の東電の上の方が
経産省つるんで計画停電を画策したことを許すべきではありません。

今まで気が付かなかった民主党も人材居ませんね。どう思います。
意見をコメント欄でお待ちしています。

未だに、この夏節電などとTV宣伝するな。税金の無駄遣い。





posted by ぐっちー at 03:56| 東京 ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | ニュース 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。