2011年04月10日

やっぱり計画停電は東電と経産省の陰謀? 計画停電は必要なかった。

「どう考えても計算が合わない東京電力の計画停電。」
http://earthian.seesaa.net/article/194466905.html#comment
東京電力が火力発電所のホームページを消し始めた。
http://earthian.seesaa.net/article/194740989.html
ホームセンターで用意できる放射能(放射性物質)対策 放射性物質対策
http://earthian.seesaa.net/article/194101658.html
ヨウ素131と浄水器東レ・トレビーノ
http://earthian.seesaa.net/article/193709059.html

4月7日に大マスコミではないが民主党の小沢君を応援している夕刊紙の方と電力切迫が来年もくると言う経済誌の記者さんと話したがどちらも東京電力のプレス発表をそのまま信じているようだった。それでも2人ともこのホームページを見てご自分で調べると約束していただいた。

「どう考えても計算が合わない東京電力の計画停電。」は計算が厳密とは言えないので今回6日から調べ上げて分かったことをまとめてみた。

今回は発電所1つ1つ発電設備を積み上げて現在の東電管内での供給可能電力をきちんと集計した。

  4月現在供給可能電力 6130万kw  あるのに 東電は4月の供給電力を 4000万kw以下だと大ウソをつく。

それをオカシイと報道しない新聞、やTV だが大マスコミが報道しない限り私がブログでいくらオカシイと主張してもなかなか信じて貰えないのが辛い。

このブログにたどり着いた情報強者の方はぜひ東電発表と現在の供給可能電力に2130万kwも差があること伝えて欲しい。以下で証明します。

注 供給可能電力とは揚水発電のように足りなくなったら瞬時に対応できる電源だけではなく、気温の上昇などで需要が見込まれるに従い準備できる電力の合計を定義した。

参考 東京電力の火力発電設備
http://www.tepco.co.jp/tp/list/index-j.html

東京電力の火力発電所は3つに分けられる。
東火力事業所
1.千葉      288(万kw)
2.五井      188
3.姉崎      360
4.袖ヶ浦     360
5.富津      504
    小計   1700
西火力事業所
6.横須賀     227  間も無く動かす予定 プレスリリース
7.川崎      150
8.横浜      332
9.南横浜     115
10.東扇島    200
     小計  1024
中央火力事業所
11.鹿島     440  間もなく6号機も動く
12.大井     105
13.広野     380  2,4停止  −185
14.品川     114
15.常陸那珂  100  1号停止  −100
------------------------------------
     小計  1138         −285
中計       3862   3862−285=3577 

他社受電分
16.相馬共同  100  停止  −100
17.常磐共同  120  停止  −120
18.鹿島共同  180   住友金属
19.君津共同  139   新日鐵
20.磯子発電J  120   J-power(電源開発)
--------------------------
     小計   659       −220
3577+659=4236    4236−220=4016万kw  火力のみ

=============================================
水力発電所はすべて復旧
東電認可出力      898万kw
J−power分他     566
--------------------------
            1464万kw ピーク時の揚水発電含む

水力+火力は1464+4016=5480万kw
==============================================
原子力は柏崎刈羽のみ稼働
21.柏崎刈羽   490万kw  1,5,6,7号機が運転中 2,3,4、号機定期点検中
(水力+火力)+原子力は 5480+490=5970万kw
===============================================
融通電力
中部電力から       100万kw
北陸電力          60万kw
---------------------------------
   小計         160万kw    5970+160=6130

現在合計        6130万kw
----------------------------------------------------

1.原子力のページに東京電力の発電設備出力(他社受電分を含む)
http://www.tepco.co.jp/nu/torikumi/nuclearlibrary/facilities/facilities01-j.html

2.東電がマスコミを騙す資料に使った認可出力で株主向けIRにその数字があります。
http://www.tepco.co.jp/company/corp-com/annai/shiryou/suuhyou/pdf/suh03-j.pdf

2番は多くのマスコミがこちらの数値を東電から報告され鵜呑みにして現在の節電騒ぎに成っています。

1、2009年度実績(他社受電を含)   2、認可出力(東電の自社分)
原子力 1,819 (23)                   1,730万kw
水力  1,464 (19)                    898
火力  4,486 (58)                   3,820

水力の差 560万kw 火力の差 666万kwはなんでしょう?

その前に他社受電と融通電力量の違いを説明しますね。

他社受電分は住友金属や日本製鉄と東電が共同出資した君津共同火力発電所などのように共同が付く発電所とJ-POWER(電源開発株式会社)の持っている火力発電所などをいいます。

融通電力は東北電力や北陸、中部電力からまさに融通してもらう電力で上の2009年実績分には入りません。
水力の差560万kw はほとんどJ-POWERの水力発電所です。

  
供給可能電力は現在6130万kwあるのに3900万kw位しかないと自分で調べもせずに東電発表をそのまま流す大ばかマスコミ。文句があるなら3900万kwしかないと言う根拠をコメント欄に書いてほしい。

我が家の新聞は読売新聞なのでタレこみ情報としてこの事を通報したが私のブログが理解できない理解したくない?レベルの男だった。 大きいマスコミは硬直化していて、情報の通り道が腐って詰まっている。

最初にあげたコンパクトなマスコミはちゃんと記者の方が出てきて自分で調べるとまで言っていただいた。中には途中経過まで知らせて頂いて感謝している。

私もその方も計画停電は終わってもこの必要のない節電ムードが続くと日本がおかしく成ってしまうとの認識は同じだ。
コンビニやファミレスの看板が消えているのはやりきれない。スーパーの店内の蛍光灯がはずされて薄暗い、景気は人の気分なので、このような事は日本経済に多大な影響をあたえる。夏は少しは切迫する(真夏の数時間)かも知れませんが現在は電力は十分余っている。
それも夏までに火力の4か所の内2か所でも回復すれば電力は去年並みに使って問題ないレベルになる。

今回の計画停電はいくら考えてもおかしい止め方も尻切れトンボになってしまった。誰が思いついたのか実に罪作りだ。計画停電で信号が消えていて交通事故でなくなった方、都心部の潰れたレストランの方、発案者を恨みたくなるでしょう。
今回、東電が経産省とつるんで計画停電を画策したことを許すべきではありません。

posted by ぐっちー at 01:20| 東京 ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | ニュース 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

東京電力が火力発電所のホームページを消し始めた。

どう考えても計算が合わない東京電力の計画停電
http://earthian.seesaa.net/article/194466905.html

あきれ返る話だ。
4月6日のブログで東京電力のホームページを見てみようと書いたところ、6日の午後か7日に東京電力が火力発電所のコンテンツをすべて消した。
6日まで各火力発電所のホームページが見ることが出来ていた。東京電力の人に電話で話した時にホームページ消さないでねと強く念を押しといていたのに やることがえげつない。
大企業のやることだろうか? 

・広野火力発電所 2、4号機 地震により停止中 
         総発電量380万kw 中 2号機70万kw 4号115万kw
  70+115=185万kw

・常陸那珂火力発電所 1号機 地震により停止中    1号機    
             100万kw

・鹿島火力発電所 2、3、5、6号機 地震により停止中
  2-3号機70万kw x 2=140 5-6号機 115万kw X 2=230
     140+230= 370万kw

などホームページから発電量を拾えたのに現在は停止中の発電所だけでなく何の被害がない他の火力発電所のホームページまで消して隠ぺいに必死だ。

posted by ぐっちー at 20:06| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

どう考えても計算が合わない東京電力の計画停電

福島第一原発全景

まず、東京電力のホームページを見てみよう。

東京電力の原子力設備を一目で見ると?http://www.tepco.co.jp/nu/torikumi/nuclearlibrary/facilities/facilities01-j.html

トップページ > 原子力 > 情報公開のとりくみ > 東京電力の原子力データライブラリ
の中の「東京電力の原子力設備を一目で見ると?」このページには東京電力の発電設備出力の原子力、水力、火力の割合が2009年の実績と2019年の計画が表になっている。
(自分で上のサイトで確かめて下さい。)

________2009年度末実績______2019年度末計画   (万kW)
原子力____1,819 (23)________2,280 (27)
水力______1,464 (19)________1,512 (18)
火力______4,486 (58)________4,663 (55)
新エネ________4 ( 0)_________ 52 ( 0)
合計______7,769 (100)_______8,460 (100)  (万kW)

この表から読み取れることは火力発電所の総出力だけで今日4月6日の4000万kwは軽く超えるだろうことは小学生でも読み取れる。
これが東電に対する重大な疑惑だ。4大新聞やTV局がこの点がオカシイと何故追及しないのか?大新聞やTV局はこんな簡単な表も読めない?サイトから探し出せない?

昔ならネットがないので、私がすぐは上に資料を得るのに苦労したことだろうが、今では誰でも、そして、すぐに原子力、水力、火力、新エネの東京電力の発電設備を簡単に知ることができる。
この表から読み取れることは2009年の実績と2019年の計画では火力、水力とも微増の計画なので東電のホームページには2011年が載っていないが当然、火力4500万kw前後、水力は1500万kw前後有ると思われる。
地震による発電所の影響はホームページのプレスリリース3月12日にある。

http://www.tepco.co.jp/cc/press/11031213-j.html

福島第一、第二原子力発電所が動いてないが、柏崎刈羽原子力発電所 1、5、6、7号機は通常運転中
それぞれ、110kw X 2 =220kw 6、7号機は 135kwx2=270kw 220+270=490kw
が現在の原子力発電による能力であるが、現在止まっている下記の表の                                           
     1号機 2号機 3号機 4号機 5号機 6号機 7号機
出力(万kW) 110 110 110 110 110 135.6 135.6

2、3,4号機の内  2台を動かせば 後,220万kwは発電できる。

   490万kw+220万kw=710万kw は原子力でまかなえる。

では あと水力と火力はどうなっているのだろう

----------------------------------------------------------------------
地震直後3月11日 午後6時  プレスリリース 東電ホームページより
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11031103-j.html

【原子力発電所】
・福島第一原子力発電所 1〜3号機 地震により停止中
             (4〜6号機は定期検査中)
・福島第二原子力発電所 1〜4号機 地震により停止中
・柏崎刈羽原子力発電所 1、5、6、7号機は通常運転中
             (2〜4号機は定期検査中)
※なお、いずれの原子力発電所においても、放射線を監視している排気筒モニタま
 たはモニタリングカーによる調査データでは、通常値と変わっておりません。

【火力発電所】
・広野火力発電所   2、4号機 地震により停止中
・常陸那珂火力発電所 1号機 地震により停止中
・鹿島火力発電所   2、3、5、6号機 地震により停止
・千葉火力発電所   2号1軸 地震により停止
・横浜火力発電所   8号4軸 地震により停止しておりましたが、午後5時28
           分に運転を再開
・大井火力発電所   2、3、 地震により停止中
・五井火力発電所   4号機 地震により停止中

【水力発電所】
・福島県内で14発電所、栃木県内で3発電所、山梨県内で5発電所、群馬県内で1
 発電所が地震により停止中

【流通設備等への影響】
(地震により、当社の変電所は8カ所が停止中)
・那珂変電所 地震により停止中
・新茂木変電所 地震により停止中
・常磐変電所 地震により停止中
・茨城変電所 地震により停止中
・石岡変電所 地震により停止中
・西水戸変電所 地震により停止中
・河内変電所 地震により停止中
・芳賀変電所 地震により停止中

-----------------------------------------------------------------------
現在
4月5日 午後4時 プレスリリース
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11040506-j.html
現在、
・柏崎刈羽原子力発電所 1、5、6、7号機は通常運転中
 (2〜4号機は定期検査中)

【火力発電所】
・広野火力発電所 2、4号機 地震により停止中 
         総発電量380万kw 中 2号機70万kw 4号115万kw
  70+115=185万kw


・常陸那珂火力発電所 1号機 地震により停止中    1号機    
             100万kw


・鹿島火力発電所 2、3、5、6号機 地震により停止中
  2-3号機70万kw x 2=140 5-6号機 115万kw X 2=230
     140+230= 370万kw

185+100+370=655万kwが現在火力のみの不足分
【水力発電所】
・電気の供給については、すべて復旧済み (ただし、設備損傷箇所については、適時対応中)


【流通設備等への影響】
・電気の供給については、すべて復旧済み
 (ただし、設備損傷箇所については、適時対応中)

185+100+370 = 655万kw の火力発電所が現在復旧していない。


火力発電 4500万kw-655万kw = 3845万kw
水力は被害なしなので     +  1500万kw
-----------------------------------------------
__                    5300万kw
火力発電所はニュースでも1回も内部の壊れた様子が流れないのでニュースに成るほどの破壊は火力は起きなかったようなので夏までに655万kwが復旧すれば   5955万kw
今動いている柏崎刈羽で490万kw 6445万kw    

6000万kw オーバーの発電設備があってなぜ計画停電しなければならない理由を東京電力は詳しく説明すべきだろう。

参考 東京電力の火力発電設備
http://www.tepco.co.jp/tp/list/index-j.html

2009年時点で下記のように 7769万kwの発電能力があったのだから原子力発電所のうち福島第一と第二だけが使えなくなったのだから引き算で1000万kw引いても6700万kw つまり2009年度の発電能力から壊れた2か所の福島の原発を引いても、逆に稼働可能な原子力、火力、水力を足しても同じ6000万kw オーバーはある。
東電の計画停電には明らかに説明不足がある。今日、東電に私の計算をぶつけてみたい。

もし、可能なのに故意に停電を仕掛けているならそれは許せないことだ。

2009年度末実績
原子力 1,819 (23)
水力 1,464 (19)
火力 4,486 (58)
新エネ    4 ( 0)   
合計 7,769 (100)   (万kW)
=============================================================
4月8日付 追加の記事ですぜひお読みください。
コメント欄に4月8日にこのブログに良い質問があったので答えておきました。
------------------------------------------------------------------------------

●ななしさんから質問

水力発電所の発電量が大きすぎる気がしますが、
「最大」発電量で計算していませんか?
たとえば新高瀬川発電所は最大134万kW以上の発電能力を持っていますが、年間実績は9億kWhで、
単純計算すると平均10万kW程度の発電能力しかありません。
揚水式発電は本当のピーク数時間をカバーする目的で作ってあり、根本的な電力不足にはあまり役に立ちません。
Posted by ななし at 2011年04月08日 12:14
----------------------------------------------------------------------
●とおりすがりさんから私の主張への応援コメント

>平均10万kW程度の発電能力しかありません

年間実績は揚水時電力を差し引いてるんですかね?

元々コンデンサーとして作られているんでしょうから目的には合致してるんじゃないでしょうか
Posted by とおりすがり at 2011年04月08日 15:11
-------------------------------------------------------------------

以下私の解答

>水力発電所の発電量が大きすぎる気がしますが、
>「最大」発電量で計算していませんか?

ななしさんの疑問に答えますね。私があげた水力の発電設備は他社受電分を含んでいます。
http://www.tepco.co.jp/nu/torikumi/nuclearlibrary/facilities/facilities01-j.html

ななしさん言う少ない発電量の数値は認可出力で株主向けIRにその資料があります。
http://www.tepco.co.jp/company/corp-com/annai/shiryou/suuhyou/pdf/suh03-j.pdf
多くのマスコミがこちらの数値を東電から報告され鵜呑みにして現在の節電騒ぎに成っています。
夏は少しは切迫するかも知れませんが現在は電力は十分余っています。

2009年度実績(他社受電を含)   認可出力(東電の自社分)
原子力 1,819 (23)            1,730万kw
水力  1,464 (19)              898
火力  4,486 (58)             3,820

水力の差 560万kwがななしさんが引っ掛る部分なのでしょう。
その前に他社受電と融通電力量の違いを説明しますね。
他社受電分は住友金属や日本製鉄などと東電が共同出資した君津共同火力発電所などのように
共同が付く発電所とJ-POWER(電源開発株式会社)の持っている火力発電所などを言います。

融通電力は東北電力や北陸、中部電力からまさに融通してもらう電力で上の2009年実績分
には入りません。

今回ななしさんが気に成る水力の差560万kw はほとんどJ-POWERの水力発電所です。

あと ななしさんが知っててあえて言っている様に思えるのですが

>単純計算すると平均10万kW程度の発電能力しかありません。
単純計算してはいけません。ななしさんならご存じだと思えるのですが原子力と火力を
ベースとしてピーク時に水力を使うのですからならしてしまうのは本来意味を持ちません。

とおりすがりさんの言われる通り揚水時の水力はコンデンサーの役目でしょうね。
揚水発電は本来貯められない電力をピークに備えて貯められるわけですから。

ふと思ったのですがななしさんは東電関係者? もし東電関係者でも今の東電の上の方が
経産省つるんで計画停電を画策したことを許すべきではありません。

今まで気が付かなかった民主党も人材居ませんね。どう思います。
意見をコメント欄でお待ちしています。

未だに、この夏節電などとTV宣伝するな。税金の無駄遣い。



posted by ぐっちー at 03:56| 東京 ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | ニュース 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

ホームセンターで用意できる放射能(放射性物質)対策 放射性物質対策

前回,飲料水のヨウ素131を家庭用浄水器で100%は無理でも活性炭でヨウ素を多少でも
吸着除去出来ることをお伝えしたが、今回は自作の放射能防護服の作り方を考えてみよう。
防護服と言うと東電の作業員や自衛隊員が着ている白や黄色のつなぎ服はアルファー線
以外の放射線や中性子の放射は防げない。

では何の為に防護服はあるのかと言うと目や鼻や口から放射性物質をとりこまない様
にしたり、皮膚に放射性物質が付かない様にするのが目的である。つまり、内部被曝だけ
を防ぐのが防護服の役目である。

また我々が原子炉の周りで作業するわけでもないので防護服が必要になる事態と言うのは
圧力隔壁内部で燃料のメルトダウンが起こり15センチの圧力隔壁を溶かした数千度の
ウラン燃料が格納隔壁内に溜まった水の中に落ちて水蒸気爆発を起こして100km−2
00kmに放射性物質をまき散らした場合の避難時のみ多少、役に立つ程度の防護服をここ
では目指して見よう。

防護服

帽子と一体になったつなぎが好ましいが、セパレートなら上着をズボンの上に出しその上
からベルトやひもガムテープ等でしばる。ナイロンまたはゴム引きのカッパで十分だろう。

車のトランクに1-2着の大きめのカッパとガムテープを入れておけば、着るものは何とか
なる。手袋も忘れない様にする。

後はゴーグルと防塵マスクは大きなホームセンターなら一通り置いてある。

安くて効果的なゴーグルはこれだ。 598円で無通気孔タイプで曇り止め加工レンズ
レンズ材質 ポリカーボネート樹脂 フレーム 軟質ビニール

お勧めゴーグル

ゴーグルは通気孔が有るタイプが多いが放射性物質よけには通気孔が開いているのは
不可である。

防塵マスクは逃げる時だけなので使い捨てタイプでも間に合う。国家検定がある。
ホームセンターで通常売っているのはDS−1,とDS−2までだがDS−3は頼めば
取りよせてくれる

放射性物質に対応しているのは 使い捨てではないタイプのRS−3とRL−3だが作業
するのではないのでDS−2で十分だと思う。

使い捨て防塵マスク



▼防じんマスクは、その性能と種類により分類されます。
防じんマスク12種類の分類
 今回の改正により防じんマスクは使い捨て式防じんマスク(DS1、DS2、DS3、
DL1、DL2、DL3)の6種類と取替え式防じんマスク(RS1、RS2、RS3、RL1、
RL2、RL3)の6種類の計12種類に分類されました。また、区分は粒子捕集効率により
3段階に分類され、最も捕集効率の高いものを区分3とし、低いものを区分1としています。
粒子捕集効率試験には、固体粒子である塩化ナトリウム(NaCL)、液体粒子としてフタル酸
ジオクチル(DOP)が使われ、粒径、流量、試験時間とも改正前に比べ、より厳格な試験と
なっています。

 試験粒子捕集効果→ S
試験粒子に固体の塩化ナトリウム(NaCL)を用い測定 L
試験粒子に液体のフタル酸ジオクチル(DOP)を用い測定 粒子捕集効率

↓使い捨て式・取替え式

使い捨て式防じんマスク DS1 DL1 区分1: 80%以上
DS2 DL2 区分2: 95%以上
DS3 DL3 区分3: 99.9%以上

取替え式防じんマスク RS1 RL1 区分1: 80%以上
RS2 RL2 区分2: 95%以上
RS3 RL3 区分3: 99.9%以上

作業内容による防じんマスクの使用区分
作業内容や粉じんの種類によって、使用する防じんマスクの区分が明確に区別される予定です。

・放射性物質がこぼれた時などによる汚染の恐れがある区域内の作業または緊急作業
・ダイオキシン類のばく露のおそれのある作業
・その他上記作業に順ずる作業 RS3 RL3
*オイルミストなどが存在する場合はLを選択

・金属ヒュームを発散する場所における作業(溶接ヒュームを含む)
・管理濃度が0.1mg/m3(注1)以下の物質の粉じんなどを発散する場所における作業
・その他上記作業に準ずる作業

注1:石綿、カドミウム、クロム酸、重クロム酸、ペリリウム、鉛及びその化合物
DS2、DS3 DL2、DL3
RS2、RS3 RL2、RL3
*オイルミストなどが存在する場合はLを選択

・上記以外の一般粉じん作業 DS1、DS2、DS3  DL1、DL2、DL3
RS1、RS2、RS3  RL1、RL2、RL3
*オイルミストなどが存在する場合はLを選択

posted by ぐっちー at 01:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

ヨウ素131と浄水器東レ・トレビーノ

写真のトレビーノなどの家庭用浄水器の主力濾過機構の中空糸フィルター
にはヨウ素や、セシウムを分子レベルで補足するものではありませんが活性炭
は色んな不純物を吸着濾過する効果があります。ヨウ素が福島第一原子力発電所から
ヨウ素分子単独で排出されるだけでなくその他の放射性物質のチリとして舞い
上がって飛んでくる場合はもちろん中空糸フィルターで濾過できる。

東レトレビーノDSCF2510Tr.jpg

日本には海水から真水を作れる逆浸透膜を使った浄水器があるが何しろ
価格が高い。
トレビーノなどの家庭用の小型の浄水器は活性炭でヨウ素を吸着する。
同じように中空糸と活性炭を使う5-10万程度の流しの下に付けるタイプは
カートリッジが1年程度もつと言うがカートリッジの交換に2万円程度かかるし
使えるとはいえ1年も使った活性炭やフィルターを通って来た水を飲む気がし
ない。1回だけ据え置き型の大型の浄水器を使ったがそんな理由で2年ほど
ではずした。

活性炭のヨウ素の捕捉率は100%ではないが、チェルノブイリ事故の時に
新潟の水道局で活性炭での放射性物質の除去の記録があるので現在東京都の
水道局では沈殿槽に通常の4倍の活性炭を投入しているらしい、


厚生労働省健康局水道課長から各都道府県水道行政担当部(局)長宛ての活性炭を入れるようの指示通達。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014tr1-img/2r98520000015k18.pdf

猪瀬直樹 ブログ
金町浄水場に行った。活性炭によるヨウ素除去対策。3月24日
http://www.inosenaoki.com/blog/2011/03/post-02a6.html

ただ、放射性物質の濃度が上がってきたらカートリッジの活性炭の量には
限りがあるので通常の半分位で交換をすべきだと思う。通常3-4ヶ月で交換なら
1か月半から2カ月で交換。私が使っている様に液晶に使用水量が出るタイプ
が楽しいので1年くらいでステップアップをお勧め。

私もここ20数年で6-7台(もしくは8台?)の浄水器を使ってきたが一番の悩み
どころはカートリッジの交換時期だ。
今回のトレビーノ カセッティ402Xは液晶画面に使用可能残量が出て自分の飲ん
でる水が美味しいと確信できる。
http://www.torayvino.com/product/cassetty/mk402x.html#

水道水と高除去浄水当てをやったが私は見事当てた。東京の水道水はどこか味が
あるが、高除去浄水は全く無味無臭。

夏にまたやりたい。 わたしは浄水器マニアかな?

posted by ぐっちー at 01:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。