2008年09月27日

性犯罪者は強制的に去勢 ポーランドで

ポーランドで凄い法律が通りそうだ。アラブの国ならともかく 欧米では珍しい。 ただ性犯罪者は再犯率が非常に高くアメリカなどでも対策に苦慮している。

-------------------------------------------------------
性犯罪者を強制的に去勢へ、ポーランドが刑法改正方針
9月25日19時44分配信 読売新聞


 【ベルリン=中谷和義】ポーランド政府が性犯罪者を強制的に去勢する方針を打ち出した。

 同国東部の男(45)が自分の娘(21)に性関係を強要し、男児2人を生ませた事件がきっかけで、トゥスク首相は薬品投与による強制去勢を法制化すべく、刑法改正に向けた準備を司法省と保健省に指示した。

 子供を狙った性犯罪者の去勢は英国やドイツなどでも行われているが、精神治療や本人の同意が前提で、強制ではない。欧州連合(EU)内には「強制去勢は現代刑法になじまない」(クラウス・ヘンシュ欧州議会元議長)などと人権侵害の懸念が広がっている。

 しかし、ポーランドの有力紙ジェンニクの世論調査では国民の84%が賛成し、与野党の大半も支持する方針で、刑法改正はほぼ確実な情勢だ。

---------------------------------------------------
アメリカでは州によるが性犯罪者が出所したあと10年間足首にGPSを付けるなど対策を取るところもある。

日本では特に対策が取られておらず 野放し状態である。
最近、幼児に対する性犯罪が目立っているが、犯人はなかなか捕まっていない。
去勢はともかく日本の技術力を生かしてGPSなどで所在を把握するなどの対策を考えなければいけない時期にきている。


posted by ぐっちー at 04:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 地球人のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。