2008年07月27日

政府は宇宙人の存在を隠ぺい?

政府は宇宙人の存在を隠ぺい?=元NASA飛行士が「証言」
7月25日15時48分配信 時事通信

 【ニューヨーク25日時事】米航空宇宙局(NASA)の元宇宙飛行士が英国の音楽専門ラジオ局のインタビューで、政府は宇宙人の存在を隠ぺいしていると発言。米英メディアが相次いで報じる騒ぎに発展した。
 この元宇宙飛行士は、1971年に打ち上げられたアポロ14号の元乗組員エドガー・ミッチェル氏(77)。
 同氏は23日の放送で、政府は過去60年近くにわたり宇宙人の存在を隠してきたが、「われわれのうちの何人かは一部情報について説明を受ける幸運に浴した」と説明。宇宙人は「奇妙で小さな人々」と呼ばれているなどと語った。 

まだ 宇宙人がいるか疑っていることに驚く。アメリカ政府を日本政府と同列レベルに考えてはいけない。
日本政府は陰謀というほどのものは持っていないが アングロサクソンの血を引くアメリカ政府は自国の大統領を何人も暗殺する裏の勢力が力を持つ。
未だにロズウェル事件は観測気球だと言い張る政府だ。
こんなアメリカ政府の陰謀にまだだまされているのはかなり情報収集能力が低い人間だ。
NASAの内部にいた人間が証言しているのに その情報を疑う方がおかしい。なぜ疑う?

グレイ

今回もそうだが少しずつ情報が漏れ始めている。いや、漏らしているのかもしれない。そう遠くない将来日本政府からも発表があるだろう。
宇宙人いればいいね。夢があっていいねなどと言っている君 考え直そうね。

エドガーミッチェル

エドガー・D・ミッチェルは非常に多才な人で、宇宙飛行士として月に6番目に降り立ったほか、科学者、作家としても多くの業績を残しています。
ミッチェルはカーネギー工科大学を卒業し、マサチューセッツ工科大学で航空航法学と宇宙航法学の博士号を修得した後、アポロ計画の宇宙飛行士に選ばれました。
初搭乗は1971年1月31日のアポロ14号で、アラン・B・シェパードJrとともに月に着陸、9時間の船外活動をし、10日後の2月9日に無事地球に帰還しました。
その後、1972年10月にNASAと海軍を辞め、ライス大学で科学研究に従事しています。

月に行ったアポロ飛行士たち皆が、地球に帰還後、人生航路を大幅に変更した。それは月に行った者のみで、地球を周回した宇宙飛行士には変化が見られないのは注目すべきである。

 現在、ジム・アーウィンはハイライト教会というキリスト教団体の会長として、世界中を歩いて布教を行なっている。

チャーリー・デュークは、半世紀前のゴチゴチとした雰囲気さえ感じさせる宗教家となった。 エドガー・ミッチェルは、超能力研究所を設立。自ら所長におさまった。

スコット・カーペンターはヒッピーになり、アラン・ビーンは宇宙絵画家、ドン・アイゼルは平和部隊に身を投じ、もっとも敬虔なクリスチャンだったバズ・オルドリンは、精神に異常を来して、長らく入院した‥‥等々。

アポロ14号で月に行ったエド・ミッチェルは、月面でアーウィンと同様に「神に触れた」と言い、テレパシー能力が増幅されることも発見した。ミッチェルとシェパードとの間で、何も言葉を交わさないのに、彼の考えていることが直接わかったという。(中略)

  ミッチェルはこうした月での体験のインパクトがとても大きかったようで、翌年NASAを辞めると、サンフランシスコに移ってESP(超能力)研究所を設立し、自ら所長になった。

posted by ぐっちー at 06:11| Comment(1) | TrackBack(2) | UFO&宗教 予言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

<たばこ>1箱200円上げも 

<たばこ>1箱200円上げも 自民税調が大幅増税検討
7月19日2時30分配信
------------------------------------------------------------
 自民党税制調査会(津島雄二会長)は18日、09年度税制改正でたばこ税を大幅に引き自民税調上げる方向で検討に入った。景気低迷で法人税収が落ち込む一方、消費税の早期増税も困難な中、「税収確保には欧米に比べ税率が低いたばこ税増税が不可避」(幹部)と判断した。1本当たり5円以上の大幅増税となる可能性が高く、1本当たり10円引き上げ、現在1箱(20本)300円のたばこを500円にする案も浮上している。
------------------------------------------------------------

私が思うに、
いきなり1000円は衝撃が大きいので ひとまず500円で1−2年やってみてやめる人が一段落ついたところで 次は800円と段階的に値上げしていけばいいだろう。
その間にJTも食品や飲み物に移れば社員が路頭に迷うことも無いだろう。
もちろん、社内でのかなりのリストラは避けられないだろうが。

こんな話もネットで拾った。世界最大のたばこ製造会社「R・J・レイノルズ」(米国)の役員がインタビューで「なぜ、あなたはたばこを吸わないのか」と問われ、「もちろん『そんなもの』吸いません。私たちはただ売るだけです。たばこを吸う権利なんて子供や貧乏人、そのほかのおバカな方々に謹んで差し上げます」と答えたとあった、「喫煙者はたばこ会社の仕掛けた罠(わな)にはまり、勝負に負けてしまった被害者」ということだ。

--------------------------------------------------------------


 各種試算によると、現在300円のたばこ1箱の価格を500円にした場合、禁煙者が増えて販売量は減るが、国と地方を合わせた税収は約2.2兆円(08年度見通し)から約1.5兆円程度増える見込み。増税が実現すれば、09年度から予定されている基礎年金の国庫負担率引き上げの財源(年間で2.3兆円)の一部に充てることも可能になる。

 たばこ税増税をめぐっては、消費税増税に慎重な自民党の中川秀直元幹事長が民主党など野党議員も参加する超党派の議員連盟を結成、「たばこ1箱1000円」も視野に入れて増税を求めている。自民税調や財務省も「増税は避けられない」との立場だが、1000円にすれば喫煙者が急減し逆に税収が大幅に減少しかねない面もあることから、「1箱500円までが上限」との見方が大勢だ。


タバコ増税1

 これに対し、日本たばこ産業(JT)や小売店、葉タバコ栽培農家は「たばこ業界が壊滅的な打撃を受ける」と増税に猛反発している。自民税調は増税への理解を得るため、税収増の一部を葉タバコ農家への支援に回すことなども検討する方針だが、実際の増税幅をめぐる調整は年末まで続く可能性が高い。
posted by ぐっちー at 15:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 地球人のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

ラッキー

我が家のラッキーのスナップです。
ニコンD70 で 50mm F1.4でほとんどが開放近くで撮りました。

ラッキー1


ラッキー2


ラッキー3


ラッキー4



ラッキー4



ラッキー7


ラッキー15



ラッキー22



ラッキー26


ラッキー28


ラッキー30


ラッキー35


ラッキー38


ラッキー41


ラッキー47

posted by ぐっちー at 03:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 地球人のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。