2008年03月07日

日本は本音が言えない国なのか? 海難事故で当然もう生存の可能性がないのに

2月19日午前4時、房総沖でのイージス艦と漁船の衝突と3月5日午後2時、明石海峡で貨物船2隻とタンカーの衝突で現在の所、ニュースでは船員と船長の2人死亡2人行方不明となっている。
航空事故でもそうだが事故が続くときは続くものだ。

今回は事故後中米ベリーズ船籍の貨物船の9人が冬の海に投げ出されすぐに6人が救助されたがそのうち1人が病院で死亡、フィリピン人船長も6日に漁船の底引き網により引き上げられた。行方不明の2人のフィリピン船員の生存は絶望視されている。なぜなら房総沖と違い瀬戸内海の明石海峡付近は操業中の漁船や往来する船も多く人間が海上に漂っていれば発見される可能性が高い。

イージス艦の事故では事故後5日もたった24日にタレントの中川翔子がTVの生番組で清徳丸の親子について「避けられた事故だったのに、死ななくて済んだのに」と発言して謝る羽目になった。救命ボートで漂っているならともかく冬の海に5日も漂っていたら確実に死んでいると思われるのに言えない。
そのあと 29日になって
福田首相までもが「大黒柱と家を支える息子さんを亡くされたご家族・・」と発言して陳謝。

確かに日本人の礼儀としては事故の親族にはっきり死んでますねと直接言うのは控えるべきだが、事故後5日から9日も経っても死んでいるのではと言えない日本の社会が怖い。
このブログでも2月中にもう死んでいると書いたらブログ炎上か?
貨物船の船長の例での判るように冬の海に6時間ー12時間も浸かっていたらまず生存していない。
マスコミだけでなくネットでも書きたいことを書けない社会てなんだろう。

atago.jpg

イージス艦「あたご」

基準排水量 7,700t
満載排水量 10,000t
全長 165m
全幅 21m
喫水 6.2m
主機 LM2500ガスタービン4基:COGAG、2軸 
出力 100,000馬力
速力 30ノット
兵装 Mk41VLS(スタンダードSAM/アスロックSUM用)2基、90式SSM4連装発射機2基、127mm単装砲1基、20mmCIWS2基、324mm3連装短魚雷発射管2基。
航空機 SH−60K哨戒ヘリコプター1機
乗員 300名




posted by ぐっちー at 02:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 地球人のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。