2007年01月20日

物語

 【物語】       
         
しょうた   ―1974年1月20日発表―



 東キャナル市に住むB級職員ロウンは,太古の昔,シャクジイと呼ばれていた土地に建てられている,メモリアルセンターへやってきた。街路はすべてが,ベルトウエイであり,彼のハイシリコン加工の重い体を運ぶのには,都合が良かった。ロウンがメモリアルセンターを訪れるのは,これでもう三度目なのだが,中央管理局の任務以外で来たのは,初めてであった。久しぶりのベルトドライブによる微振動は,いつもかすかな不快感を彼に与えるのだが,それが気にならない程,彼は期待に胸をふくらませていた。

 彼らロボット族にとって,前時代の支配者人類は,興味深い研究材料であるし,その文明は,B級職員としての頭脳を持つロウンにも,かなり高度のものであった事は,理解できた。ロボット族社会とかなり似ている社会機構を維持し続けて来た,巨大な連邦や国家と言うような都市集団がなぜ突然,滅亡の道をたどったのかは,謎であり,ロボット族全体の課題でもあった。

 ロウンの胸のB級マークを確認したセンター専属のEクラス案内ロボットは,めまぐるしく動き回り,すぐにロウンの希望した,人類文化資料館と名付けられている,28ブロックへ案内した。Eクラスロボットは,通常のロボット型体をしてはいないが,堅牢なことでは群を抜いていた。おそらく永久に,このメモリアルセンターを守り,案内を続けてゆくのだろう。

 文化資料保存には,ほとんど,コンピューター記憶回路に直接プリントされてしまうものなのだが,彼らの理解の範囲を超えるものは当然除かれている。高度技術,高度管理社会を持つロボット文化でもってしても,滅亡種族の文化形体を完全に理解することは,難しいことであったのだ。
 ロウンは,過去の生物の精神活動に関する構造を解明しようとして,二度ほど,ドクターの世話になっている。ロウンの中枢回路がショートしたり,加熱したりしたのだ。A級職員の頭脳でさえ判明しかねる問題を,ロウンが理解できる訳はないのだが,ロウンはやめようとはしなかった。ロウンの趣味のようなものとなったのかも知れない。

 とにかく,パンチカード化さえもされていない原形のままの文献を手に取った。過去にロウンは二度,命令で資料整理をした時,目についたそれは,表紙部分に『木の実』と記入されている小さな詩集であった。ロウンは,ゆっくりとその単純な,意識表現記号を解読していった。かすかな期待と,その難解さの不安が入り混じった不思議な感情がロウンを包んだ。その詩集には,こんな詩が書かれていた。


 
『時のはなし』

幼い少女に初めて会ったのは何年前のことだったのだろう
彼女と海で泳いだ時から,何年が過ぎたのだろう
彼女の瞳の美しさに気付いてから,何年たったのだろうか
彼女とゲームをしながら笑いころげたのは,何カ月前のことだったのだろう
彼女の華奢な体を抱きキスをかわした時から,幾月が過ぎたのだろう
彼女に花を贈った時から,何十日が過ぎたのだろう
彼女と喧嘩をして後悔したのは,何週間前のことだったのだろう
彼女と星を捜した時から,何週間が過ぎたのだろう
彼女の瞳の中に未来を見つけた時から,幾日が過ぎたのだろう
彼女と結ばれた夜から,幾たび朝日を見ただろうか
キラキラと光る夢を見てから,何時間たったのだろうか
幸福という言葉を意識してから,何分が過ぎたのだろうか
いやきっと何秒もたってはいないのかも知れない
秒単位の未来の始まり,その未来はどこまで続くのだろうか……



SYOTA-1.jpg



 ロウンにはこれらの文章が,有機生命体の本能に関する事だとは理解できたが,細部になると頭が混乱した。意味不明部分も多いのだが,やはりB級思考回路の限界であろう。頭痛の中でロウンはなぜか満足していた。

 管理センターに戻ったロウンは,今は消え去って久しい,人類に会ってみたいと思った。自己補修作用を体内に持ち,無限活動が可能なロウンにとって,時の流れはそれ程意味を持たないのだ。数秒前の記憶と数百年前の記憶が等しく頭脳に留まっている彼にとって,時は流れさるものではなく,止まっているものなのかも知れなかった。彼が意識を持ってから約三百年の流れは,何でもないことなのだ。ふとロウンは,遠い過去の人間達を想像したが,すぐまた,与えられた管理局の事に,キラキラ光る感光眼を移した。84世紀,ここは海に浮かぶ,東キャナルシティ管理センター。
                              
(おしまい)

posted by 陰丸 at 20:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 地球人のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

わたしは

 なんと! 1970年から2007年までの歳月をかけた4コマまんがです。といっても,最後のカットとせりふだけ,いま描き直しただけですけれども(^o^;)。


わたしは03.jpg



 こうして古い作をこねまわしていると,22歳の頃の,根拠のない自信にあふれた若い自分に,「今だけだよ,そんなに鼻の穴を大きくしていられるのは……」と思いながらつき合っている気分です。それでも,そんな頃が懐かしい。

 最近は,特に今のように,仕事の納品が遅れていると,すべてに申し訳ない思いです。しかも,仕事をすればいいのに,こんなことをしている……。ああ,心苦しくはあるが,ほんとは楽しい♪

-----------------------------------------------------------------------------------------

 追記:これが当時の原図です。クリックで大きくなります。

わたしは原図.jpg


 これをテキスト文字・記号で作ったこともあります。この時も最後のカットを変え,その頃の社会事件のオウム真理教の教祖にしました。教祖が「ポアポア」というせりふです。

2007年01月08日

フィクションだって痛いのだ

 また,机の引き出し中から見つけた4コマまんがです。1970年頃のもの。
手書きの文字をフォントにし,色をつけています。

 ニフティのフォーラムで,テキスト文字や記号で,この内容を作ったような記憶があります。

 フィクションだって,その登場人物の痛みは,フィクションなりに痛いのです。
「だからなんだ?」と聞かれる方には,「そんなもんだ!」と答えます。


フィクション.jpg



 あー,休み明けに納品する仕事が,半分しかできていない。それはフィクションではない。それを考えると,もう言葉が出てこない。

2007年01月07日

好ましい糞便

 1970年の,4人ぐらいしか見せたことのない,4コマ漫画です。手書きの文字をフォントに換え,モノクロの線画に色を加えました。これでも,なんとか,ものを上品にしようとする努力しているのです。

 「雷療法」につながる,スカトロ系の画像です。明日,目が醒めて,自己嫌悪で,削除の可能性が大ですが,この若さの下品が懐かしいなー。

スカトロ.jpg


 コメントのお気遣いはご無用です。それとも,この投稿にコメントできる?!

------------------------------------------------------------------------------

 追記です。この種のネタでは,加藤 芳郎(かとう よしろう 1925年6月25日 - 2006年1月6日)さんが,先駆者でおりました。日本漫画家協会の理事長・会長を歴任。1986年(昭和61年)紫綬褒章を受章。1988年に第36回菊池寛賞を受賞。 1999年「まっぴら君」で日本漫画家協会賞文部大臣賞を受賞。という,輝かしい経歴の持ち主でした。

 その加藤芳郎さん作の,私の座右の銘ともいうべき本がこれです。と紹介しておけば,私の投稿に対する苦情は……あるはずがありません(^o^;)。紫綬褒章を受章の方も描いている分野ですからね!

ベンベン物語2.jpg


 しかも,この本,Amazon では古書扱いで,5,000円ですよ! しかし,なぜ,再版されないんだろう? それだけが不思議であります。

2007年01月06日

ソフトバンクが新料金プラン

1月5日にソフトバンクが携帯電話の新料金プラン 「ホワイトプラン」を発表。
孫社長のインタビューを見ていたら 質問する記者がこの料金プランでソフトバンクはやって行かれるのか心配していたのには笑った。
記者会見の動画
http://www.softbank.co.jp/explanation/other/070105/ja/streaming.html

その料金プラン

・月額基本料 980円
・通話料 1〜21時:ソフトバンク間無料 他社宛21円/30秒
      21〜翌1時(25時):一律21円/30秒
・ソフトバンク3G間メール無料 3G→2Gのメール無料
 それ以外とのメール 3.25〜210円/通
・パケット通信料 0.21円/パケット
(他社宛メール・web利用にはS!ベーシックパック315円/月への加入が必要)
・パケットし放題加入OK
・無料通話・無料通信分は無し(21〜25時の200分無料も無し)
・2G/3Gどちらもおk

・1月16日よりサービス開始
・既存ユーザは特典として1月11日より先行受付開始

よく電話する人と二人で移行すれば絶対お得。
なお、夜九時から1時までは電話しないこと。

-------------------------------------------------------------
さらにソフトバンクテレコムの0063コールサービス(携帯電話サービス)
と併用すれば
      利用料金
固定電話向け IP電話向け   携帯電話向け PHS電話向け
  1分20円            1分30円

●登録料、月額基本料なし
●全国・全時間帯一律料金
(国際電話のため、本サービスには、消費税がかかりません。)

http://www.idc.softbanktelecom.co.jp/consumer/services/long_distance/0063_jp.html
---------------------------------------------------------

この0063コールサービス(携帯電話サービス)と言うのは 今回のホワイトプラントは全く別物で以前からあったらしい。知らなかった。
posted by ぐっちー at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 聞いたばかり・見たばかり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雷療法(頑固な便秘に)

 1985年の作です。この絵の中で,「雷療法」は頑固な便秘の治療に使われています。内容的には,ほとんどでたらめです。「きれいな色で絵を描きたい」という純粋な気持ちで描いていますが,結果は見ての通りです。

 F4(32.5×24.3cm)の大きさの板に,鳥の子紙を貼り,ジェッソの下地をつくり,アクリル絵の具と金・銀拍を使っています。(画面の拡大はクリックして大きくなった後,更にクリックするといいみたいです)


雷療法大.jpg



 この絵は「良識の範囲内」と思っている私ですが,あの巨匠のシャガールも,「町の上の恋人たち(1917-18)」の絵の中で,共通の要素を隅に描き込んでいます。ウソと思われる方は,図書館などのシャガールの画集でご確認ください。

町の上の恋人たち.jpg


 ということを書いておけば,「雷療法」の絵に対する苦情はこないでしょう。

 また,ドド子さんから,ブログと mixi をつなげる方法もあると教えてもらったので,今回,その設定をしてみました。テストでやってみます。

2007年01月01日

漫研の設立と解散

 石神井高校の漫研は,私の学年の浜口さん(女性)の呼びかけで発足しました。「ねえ,あんたまんが描いてるんだって。だったら,同好会を作りたいから参加してよ」と誘われました。彼女は魔女の雰囲気が濃厚にあり,迫力に押されて断ることができず,あまりその気ではなかったのですが,「いいよ」と答えてしまいました。1964年の春。

 当初は教員の方の一部から,「まんがなんて認められない」との声もありましたが,なんとかそのうち認められ,目的もはっきりしないままスタートしました。その時のメンバーは,浜口さん,中畑さん,品川さんの女性たちに,大島さん,横尾さん,宮澤さん,私……まだ不定期にやってくる人がいたかもしれませんが,忘れてしまった( ̄。 ̄;)。

 それから約31年後,その石神井高校の漫研の歴史は終わりました。何故か,私の娘も最後の会員でした。在学中の3年間,高校の文化祭には行きましたが,会場はあの美術室でした。その都度,会誌や手書きのマンガも買ったりしました。それが投稿の写真です。

会誌.jpg

最後の会誌の奥付も添えます。垤(てつ)が娘のペンネーム。

おくづけ.jpg


 現在,高校に漫研が復活しているかどうかは不明です。復活しているといいなぁー。
posted by 陰丸 at 22:10| Comment(3) | TrackBack(0) | こだわりコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。