2006年12月30日

月の出を待つ

 1973年7月のアクリル絵の具による,F4号(32.5×24.3mm)の小さな作品です。鳥の子和紙にゲッソの下地をつくり,その上に描いています。若い時に友人と二人展をした終了後に,遠くに離れてしまった父にあげてしまった絵です。

 私の手元には,色あせた35mmの絵を撮影したフィルムが残っていました。その父もいまは逝ってしまい,その絵は行方不明です。すでにゴミ扱いで消えてしまっているのかもしれません。大体,ヌードなどがあると,そういう絵を普通の家では飾りません。それに気づくのに何年もかかりました……(^o^;)。

 その絵の再現です。古いフィルムをプリントショップで4つ切り大に出力してもらい,スキャナーで取り込みました。それをフォトショップで左右の明るさのバランスや,色の調整をし,できるだけ記憶の絵に近づけてみました。

 「月の出を待つ」というタイトルには,深い意味はなく,ただきれいな色の画面を描きたかっただけの作品です。左のおじいさんはお酒を飲んでいるのですが,グラスが分かり難いですね。
 右下の子どもは,この後で,落ちてくる子猫を受け止めようとしているパステル画にもなりました。そのパステル画はどこにしまったんだろう? 見つけたら,このブログにアップします。


月全体.jpg


 ただ描くことが楽しかった頃,不安になるようなことはなるべく忘れて,昼夜区別のない,煙草をお酒と音楽の生活を許してもらっていました。だから,今,休みがなくても,文句は言えないのです!

-----------------------------------------------------------------------------------

 追記:探していた絵を発見! 上の絵の子どもの部分をパステル画にしたものです。描いた当時は考えていませんでしたが,この0.5秒後の光景を想像すると,結構残酷な絵だったかもしれません。どんなに運動神経がよくても,この子は子猫を受け止められそうもありません。

サービスボーイ.jpg


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。