2006年11月26日

100ドルPCが最初の1000台製造に成功

100ドルPC
マサチューセッツ州に拠点を置く非営利団体 One Laptop per Child (OLPC:すべての子どもにラップトップを)は100ドルのノートパソコン(アメリカではラップトップPC(膝上PCの意))の製造出来たことを発表した。
ただ今のところ製造原価が150ドルだそうだ。なんのこちゃ100ドルじゃないではないか。
ただこのPCのスペック現代のパソコンとしては非力すぎる。OSはリナックス CPUは500Mhzハードデスクなし、500Mのフラッシュメモリー二昔前の性能だがメールとネット簡単なワープロくらいなら全く問題ない。
それに1−2年でフラッシュメモリは1G以上になるだろうし。
全世界65億人中10億人しかインターネットの恩恵を受けていないそうだ。
これは貧困や社会インフラの整備が悪いため全世界の84%がネットに接続する手段をもたない。

非営利団体 One Laptop per Child (OLPC)の計画では2007年第2四半期末までに、同ノートPCをリビア、ナイジェリア、ブラジル、アルゼンチンの子どもたちにいつでも届けられる段階まで整える計画だ。

私が思うに最大の難点はOSがリナックスであることだ。ただこれを機会にリナックスが世界的に普及してしまえばそんなことも問題ではなくなる。

日本の高速なインターネット環境。大学生のほとんどは自分のPCを持っている。就職活動にはPCは必須でアルバイトすれば簡単に手に入れることが出来、それも面倒な場合知り合いに古いPCをくれと言えば大抵は簡単に手に入る。つくづく日本は幸せな国だと思う。

コメントに続きます。 コメントをクリックして下さい。


posted by ぐっちー at 00:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 地球人のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時代物

 何年か前の時代物のイラストレーションが,古い MO ディスクにありました。
この時,分野違いの仕事が何故か入ってきました。江戸時代の話しに
イラストレーションをつけるもの。

螢.jpg

 ほとんど着物を描くことがなかったので大変でした。時代考証も難しく,
広重をはじめ,名前もわからない江戸時代の絵師の版画を参考にしました。
 この瞽女(ごぜ)が小さな橋を渡る絵は,途中で雨が降っている内容に
気づき,あとからムシロや笠を付け足したものです。

念仏橋.jpg

下絵.jpg

 この元になった話しは,印刷物が行方不明なので,ほとんど忘れてしまい
ましたが,川をテーマにした江戸時代の庶民の話でした。文字原稿のみを渡されて,
あとはお任せの,資料もなにもなしの仕事でした。

雪.jpg

 墨で和紙に線画を描き,スキャンして,フォトショップで彩色しました。
もうすこしこういう仕事が続けば,いくらかマシになったかもしれませんが,
不馴れなまま終わってしまいました。

 久しぶりに,ご無沙汰のブログに投稿します。新しくなくてごめん。

水争い.jpg
posted by 陰丸 at 00:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 面白いもの 珍しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。