2006年05月03日

神聖王国(肉筆豆本)

25年前に作った肉筆の豆本,総革張りの豆本とその毛皮のブックケースです。本体は見開きで,4.3×3.1センチ。ブックケースを含む重さは14グラム。
ちょうど豆本制作の頃,世界でただひとつの肉筆の本を,何冊か作っていました。


A00.jpg

中身はいまさら変えることはできませんが,ブックケースは,風景の中に配置すると,今の画像となります。小さな動物のようにも見えます。

A01.jpg

スキャナーでは,金箔の感じがうまくでませんので,カメラを手持ちし,箔が輝く角度を選びつつ,本体の中身を撮りました。

B01.jpg

B02.jpg

B03.jpg

B04.jpg

B05.jpg

B06.jpg

B07.jpg

B08.jpg

B09.jpg

公園の中や葉陰でも,撮影してみました。

A02.jpg

A03.jpg

以上です。豆本なので,アイコンも小さくしました。ミスではありません。


posted by 陰丸 at 22:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 面白いもの 珍しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。